カットマンに向いている人 | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、カットマンとは相手のドライブもしくはスマッシュのような攻撃を下回転で返球してミスを誘う防御型の戦型になります。

日本ではカットマンはひたすら相手の打ち込みを拾ってミスを待つタイプをイメージされますが、トッププロはチャンスがあれば攻撃を仕掛ける選手が多いので、あながち防御型とも言えないかもしれません。




向いている人、向いていない人を区別することは難しいですが、しいていえば、カットマンに向いている人を検討する場合、まず卓球におけるカットマンとはどういうプレーをするかということを考えないといけません。

カットプレー、つまり下回転をかけるための下方向へのスイングは台上ではできません。

すなわちカットマンはサービス後通常は台から離れてプレーを行います。

台から離れてプレーするということは当然前陣プレーヤーと比較すると稼働領域が広いため、強靭な足腰とフットワーク、前後左右に振られても動じないプレーが必要になります。

また、防御ばかりのプレーだと相手に慣れられてしまうので、防御型から切り替えて攻撃もする必要もあります。

戦術としてはまず相手に打たせてミスを誘う戦術であるので、先に先手を取るというプレーをしなくていいので、比較的リスクが少ないプレーができます。

しかしながら、ある程度卓球上級者になってくると甘い球は強力なボールで返球されることになるので、あながちノーリスクとはいえないでしょう。

しかしながら、下回転がかかっているので返球は山なりのボールになりがちですので、基本的には防御しやすい返球にはなります。

以上から分析するに、カットマンに向いている人は強靭な足腰を作るためのフットワーク練習に耐えれる人、または低いリスクでのプレーを好む人になると考えます。

しかしながら、前述にて低いリスクとは言いましたが、それはあくまでもカットによって強力な下回転がかかっており、相手のコート深くに入った場合になります。

あまり下回転がかかっていなかったり、ボールが高かったり、コースを見破られてしまっては強打によって一発ノータッチで決定打を決められる可能性はあります。

よってカットマンにおいても戦術は必要になります。

相手がどこに打ってくるのか、どういう球が嫌いなのか、どの戦型にも言えることですが、防御型といえども守ってばかりいては試合に勝つことができないのです。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ