攻撃型カットマンに向いている人とは? | 卓球が上達する練習メニュー

攻撃型カットマンという言葉を聞いたことがありますか?

その名の通り攻撃もできるカットマン、なんかかっこいいですよね。

では一体どういうことなのか、以下を読んでみてください。

1.カットマンとは

まずはじめにカットマンとは、相手の攻撃を下回転に変えてどんなに打たれても守るという、防御型の戦型です。

卓球のカットマンは打たれてばかりで守るしかできないというイメージを持っている人も多いと思いますが、最近では相手の攻撃に対して同じように反撃する攻撃型カットマンという戦型も出てきました。




トップ選手なんかはカットマンでも攻撃ができないと勝ち残れませんからね。

攻撃と比べ後陣でのプレーが多いため、当然攻撃マンよりも稼働領域が広くなります。

前後左右に揺さぶられてもフットワークを使って前に出てきてはまたドライブをされ、の繰り返しです。

カットマンになるためには強靭な脚力と足腰が必要とされます。

カットマンの特徴としては相手に打たせてミスを誘うプレーなので、自分はミスをただ待っていればいいというふうに捉えられがちですが、カットやツッツキの中で下回転とナックルを混ぜ、少しずつ仕掛けていっています。

長いラリーにもめげずにひたすら相手のミスを誘うプレーをするのが、カットマンの特徴です。

2.攻撃型カットマンにむいている人

カットマンに向いている人は上記したように、一言でいうと粘り強く足腰がしっかりしている人です。

ですが攻撃型カットマンに向いている人を見抜くのは難しいでしょう。

私が思うに守ってばかりではなく攻撃がしたい人、ではないでしょうか。

カットマンにはフットワークと、どこに揺さぶられても動じない卓球が必要とされます。

また、気が短い人は打ち急いでしまう傾向がありますので、カットマンよりも前陣速攻型をおすすめしています。

性格によっても戦型は変わりますが、まずは自分がやりたい戦型をやってみるのが1番いいのではないでしょうか。

卓球におけるカットマンとは、自分から仕掛けず相手のミスを誘うといった戦術のため、リスクが少ないといわれています。

おそらく攻撃型カットマンに向いている人は、どんなにきついフットワーク練習にも耐えられる、自分から攻めるのを苦手としている、低いリスクで自分のプレーをしたいと思っている、でもたまに攻めて自分から点数を取りに行きたい、このすべてに当てはまる人なのではないかと分析しました。

カットマンは慣れられたり対策をされ、一度負けた相手に勝つのは難しいです。

守っているだけで勝つのは厳しい時代になってきているので、カットがある程度できてきたら攻撃練習もして、攻撃型カットマンとしての上達を目指してみてもいいと思います。

卓球のカットマンと攻撃型カットマンでは攻撃が出来た方が有利ですよね。

両立は厳しいとは思いますので、まずはカットマンとしての上達から目標に練習してみてください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ