卓球でスマッシュの威力を上げる筋トレメニュー

スマッシュを打つために必要な筋肉は前腕だと思われますが、体全体を使って打つので、下半身も上半身も、体幹も総合的に必要になります。

卓球のスマッシュの上達に取り入れたい練習メニューは筋トレです。参考にしてみて下さい。

1.筋力トレーニング

スイングスピードが速くなったり、重いボールが打てるようになったり、回転量が増したりスマッシュの威力を上げる筋トレメニューは卓球をやるうえですべての技術に共通して必要な練習メニューになると思います。




是非、鍛えて威力のあるスマッシュを打てるようになってください。

1.体幹トレーニング

最近よく言われるのが体幹を鍛えるということです。体幹とは頭部と手足を除いた胴体部分の事ですが、体幹トレーニングは胴体部分を支える筋肉を強化するトレーニングです。

体幹は基本的な動作、歩いたり、走ったり、ジャンプしたり腕を使ったりするときに体を安定させてくれていますが卓球の上達にも欠かせないですね。

体幹を鍛えると体の軸が安定して基礎力がつきますし、スマッシュするときも軸がぶれません。

軸が安定するので動かされた時でも同じ重心を維持することが出来るようになり、フォームも安定します。スマッシュのボールが重くなりスピードも出るようになります。

フットワークも良くなるので素早くボールに移動して体重移動しながらスマッシュが打てるようになります。

2.腕立て伏せ

スマッシュを打つ時は腕を使います。前腕の力はスマッシュを打つ時でも、ドライブをかける時でも必要ですね。スイングスピードが違ってきます。

3.腹筋や腹斜筋

腹筋も大事です。打つ瞬間やループドライブをかける瞬間などに腹筋に力を入れますし、腕だけでスマッシュを打つわけではなく、腰の回転と踏み込む力も必要ですね。

腹筋がついていないと腰の回転も遅くなり、インパクトの瞬間に力が入りません。腹筋は鍛えなければ背筋に引っ張られて腰痛の原因にもなります。

4.背筋

背筋は主にバックの強打の時に使います。三角筋を畳み込むように打つ時に背筋を使います。背筋は腹筋と違って自然についてきますが、腹筋と同じように鍛えておくと良いでしょう。

2.下半身の強化

スマッシュを打つ時は下半身をどっしり構える必要があり、踏み込むときの力は威力のあるスマッシュを打つためにはとても重要です。

私が学生の時に下半身を鍛えるためにやったトレーニングはスクワットとランニングです。回数は年齢、体力によって違うでしょうが、背中はまっすぐに、ゆっくり腰を下ろします。

スクワットはきついです。でも、これをやるとスマッシュを打つ時に体がぶれずに、体重がボールに乗ります。

下半身の安定はスマッシュの安定にもつながりますし、体重移動が出来る事によってスマッシュの威力もスピードも増します。

筋トレも是非練習メニューに取り入れて下さい。スマッシュの上達だけではなく、他の技術にも役立つでしょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ