カウンタースマッシュの打ち方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

相手に攻められて、つなぐだけのスタイルだと現代の卓球にはついていけません。

打たれてもカウンターで返す事が出来ると、逆に狙う事も出来ます。

カウンタースマッシュは是非身に着けたい卓球の技術ですので練習メニューに取り入れて上達しましょう。

1.カウンタースマッシュとドライブ

カウンターは中陣からだとドライブでカウンターをした方が安定するようです。

逆に前にいる時はカウンタースマッシュの方が早く鋭く入れる事が出来るのではないでしょうか。




どちらがやり易いかは卓球のプレースタイルだったり、その人のやりやすさだったりによって違うと思いますが、ドライブは回転をかけて返すので安定はしますが、前陣にいる時はスイングを小さく早くしないと間に合いません。

カウンタースマッシュもコンパクトにラケットを振りますが、ミート打ちのような感覚で打つと良いと思います。ブロックの延長と考えてトライしてみましょう。

1.速い

卓球のカウンタースマッシュはカウンタードライブと違って回転はかかりませんので安定はしにくいです。

しかし、ドライブよりもスピードは出ます。脇をあまり開けずに、肘を固定するような感覚でインパクトの瞬間を早くする事を意識して練習をすると安定して入ると思います。

2.前陣で使える

前陣でのカウンターにはドライブよりもスマッシュがおすすめです。ドライブのスイングだとピッチについていけません。

カウンターは相手のボールの力を利用して打つので、力いっぱい打つ必要はありませんのでカウンターが苦手な人やパワーがない人でも軽い力で打つことが出来ます。

3.バックスイングは取らない

相手のボールによっては回転がかかっていたり、伸びてきたりします。そういうボールに対してバックスイングを取っていたらボールに合わせる事が出来ません。カウンターはボールにラケットを出すだけでも止める事が出来ます。

4.打球点を早く

打球点は早くします。バウンド直後のボールは当てるだけで上がっていくので、相手の力を利用して入れやすくなります。

強いボールに強く当てて行っては、ボールはオーバーしてしまいます。練習メニューに多球練習を取り入れてみましょう。

送球者は短くボールを出してあげて、練習する人は打点近くに構えます。台上にラケットを置いてスタートするような感じになります。

ゆっくり上回転のボールを出してもらいワンバウンドしてから、バウンド直後の球を捉えるように意識すると上達します。

バックスイングは取らずに前腕を使って上方向にコンパクトにスイングします。

早い打球点で捉える事を意識し、タイミングを合わせ確実性の高いブロックから覚えましょう。

2.相手のパワーを借りる.

相手のパワーを借りるのでタイミングを合わせると弱いスイングでも強い球で返す事が出来ます。

相手のボールが弱い時は、インパクトの瞬間に少し力を入れる事を意識して練習してみましょう。

回転がかかっているドライブをカウンタースマッシュで返す時は、少し抑え込むような感じで角度を合わせると良いと思います。

以上の事に気を付けながら、是非カウンタースマッシュを練習してみて下さい。力を抜いて合わせる感覚を覚えると上達のスピードもアップします。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ