スマッシュの正しいフォームと打ち方のコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、スマッシュとは浮いた甘いチャンスボールを直線的に台にたたきつけるように打球する技術の総称をいいます。

スマッシュの特徴としては、ナックル性のボールであるので、通常の取り方で取るとネットミスを誘うことができること、初速が速いことになります。

初速は早いですが、回転がないため空気に影響されて失速するのも早いです。

ですので台から下がったら取りやすくなる打球ではあります。




卓球の試合で決め球として使用することが多い技術ですが、近年ドライブ技術が主流の中、意外とスマッシュミスでせっかくのポイントチャンスを逃してしまう人も多いかと考えます。

ここではスマッシュのフォームや打ち方、またはその練習方法等を追求していきます。

スマッシュの正しいフォームの練習メニュー

まず、卓球の試合でスマッシュをミスするパターンとしては、早く振りすぎてしまう、また遅く振ってしまうということが考えられます。

よって自分の打球できるポイントにボールがくるまでしっかり動くもしくは待つという意識が必要になります。

ポイントとしては、ベストはボールが頂点に来る時を狙って打つのが良いです。

なぜならば、運動の法則からボールが頂点にあるときのほうがボールの変化が見極めやすいからになります。

また、重要なポイントはテイクバックをあまりとらないフォームがいいです。

フォームに対しては特に意識はしないでいいですが、バックスイングをとるのは威力が大きい反面変化に対応できずにミスをする可能性が高くなります。

近年ラバーの性能も向上しており、コースをきちんとつけばスピードはさほどいらずに得点することができます。

性格にもよると思いますが、自分は高い確率でポイントを取るために威力より性能を取ることをおススメします。

また、全力スイングをしないことが大事で、7割程度の力で打つことがベストです。

全力でスマッシュを打つと返球されたときに対応できないからです。

練習メニューとしては多球練習がいいです。

まずは一定のコースに甘いチャンスボールを出してもらい、8割くらいポイントできるまで技術を磨きましょう。

それができるようになったら練習メニューの一つとして、コースを変えて球出しをしてもらい、足を運んで自分の打球できるところまで待って7割の力で適切なフォームでスマッシュできるようにしましょう。

また、頂点まで手が届かないボールはライジングかボールが落ちてくるポイントまで移動して打球対応することになります。

決定打としてスマッシュは一定のスピードがあれば得点が可能な技術になります。

必要な時にミスなくできるよう練習していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ