YGサーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、YGサーブとはヤングジェネレーションサーブの略で、フォアサーブで横回転のサーブをする場合通常右周りの回転となりますが、YGサーブは逆横回転となります。

フォアサーブのスイングをしながら、バックサーブの回転を出せるサーブになります。

YGサーブの特徴としては、普通にラケットに当てると、右回りのフォア横回転サーブがバック側に飛んでくるのに対し、逆のフォア側に球が飛んでくることです。




うまく特徴を理解して戦術に生かしていきましょう。

YGサーブの練習メニュー

練習メニューに関しては、まずは根本的にスイングが逆方向になるので、しっかりと回転をかけれるようになりましょう。

ティモ・ボル選手のように、ヨーロッパの選手はこのサーブを使う選手がいますので参考にするといいです。

サーブのやり方に関しては人それぞれになりますが、基本的にサーブの基本ですが、手首のスナップを効かせ、スイングスピードを速くすることで回転量は増します。

シェイクの場合はラケットの握りを2本指で支え、手首の稼働領域を多くするとサーブがしやすいです。ペンはもともとの持ち方でも手首をコントロールしやすいのでサーブをしやすいと考えます。

しっかりサーブがかけれるようになったら、練習メニューとして、通常の人はサーブが長くコートに入っていることに気付くと思いますが、短く出すことができるようになりましょう。

短くサーブを出すコツに関しては、サーブの1バウンド目を台の手前に落とすことです。

手前ぎりぎりを狙うと角に当たる可能性があるので、適度に狙ってサーブを出していきましょう。

サーブのイメージとしては、最初は手首を使ってスイングし、そのあとは腕でフォローするような形になります。

フォロースルーは台に対して平行近くにスイングする形が自分はだしやすいです。

短くサーブが出せるようになったらコースのフォア、ミドル、バック、また長さをコントロールすることができればYGサーブは習得できたといえます。

また、YGサーブを出すと見せて右横回転を出すとレシーバーを混乱させることができますので、ここ一番のサーブの一つとしてもっておくとよいです。

冒頭でもいいましたが、YGサーブはフォア側に返球されやすいサーブです。

戦型によっては逆に扱いづらいサーブとなってしまうので、自分の現状の戦型をよく把握して、プレーをする上で有利の展開になるよう利用していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ