バーティカルサーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、バーティカルサーブとは通常サービスを出す際はラケットが水平面もしくは水平近くで打球するのを、面を垂直に立てて回転の質や変化をわかりにくくしたサーブのことを言います。

張継科選手やティモボル選手が使用するサーブとして認識していますが、一般においては卓球王国で以前紹介していた覚えはありますが、あまり見受けられないです。




バーティカルサーブの特徴としては、近年使われるようになったので使用する選手が多くないため、世代によっては非常に効果的ではないかと考えます。

また、バーティカルサーブはサーブの回転がわかりづらいのでサーブ側に有利な状況になりやすい傾向があります。

バーティカルサーブの練習メニュー

練習メニューとしては、まず打球面は相手にラケットのラバーが見えるように垂直になるいということと、ボールの後ろ側をこするというイメージを持つことが重要です。

また、ボールの後ろ側をこする特徴から、スイングは台に対して平行になりやすい傾向が物理的にあるので、横回転系のサーブが回転をかけやすいです。

特に同じスイングからの横回転、横下回転の判断はレシーブ側からみて非常にわかりにくいです。
レシーブ側からみて同じスイングなのに回転の変化が異なるというレベルになるまで質を高めていきましょう。

一般的なサーブと同様まずは短く低くサーブが出せるようにします。

短く出せるようになったら次の練習メニューとして、基本のコース、フォア、ミドル、バック側へのコースの打ち分けの練習をします。

それらができるようになったら、ロングサービスとその基本コースの打ち分けもマスターします。

できるようになったらバーティカルサービスは習得できたといえます。

このサーブの特徴としては冒頭でも触れましたが、あまり頻繁に使用する選手がいないので、知らない人に有効であること。

回転の方向が非常にわかりづらいサーブです。

横と横下回転を判断するにはサーブを理解して経験している人でもきっちりレシーブすることは難しいです。

さらにこのサーブに特徴づけたい人は、同じサーブモーションから逆横回転のバーティカルサーブを出せるようにしましょう。

通常のバーティカルサーブでさえ判断に迷うのに、さらに判断する変化が増えて相手のタイミングをずらすこと、ミスをさせることができる可能性があります。

ぜひ自分のものにして、実戦である試合にて活用していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ