ショートサーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、ショートサーブとは通常第2バウンドが台からでないサーブの総称を示したものです。

広義な意味を指しますので、範囲が広いですが特徴としては、冒頭の第2バウンドが台からでないという点から、返球も短くなる傾向があります。

卓球において、実戦においては多くのプレーヤーは最初のサーブにショートサービスを選択します。

なぜなら、強打されにくいサーブであるからです。




基本的に、卓球において台から出るボールはすべて強打される危険性があります。

それを防ぐために試合においてショートサーブを選択する人が多いのです。

まれにですが、ラリー展開に自信をもっているプレーヤーでロングサービスを基本として出す人もいますが、ショートサーブが試合における基本サービスといえるでしょう。

ショートサーブの練習メニュー

練習メニューとしては、意識せずにサーブを出すと第2バウンドで台から出てしまい、ロングサービスとなってしまいます。

それをまず認識して、第2バウンドを台に納めることができるように意識して練習しましょう。
う。

コツとしては、第1バウンドを台の手前近くに落とすことで第2バウンドが台の手前に収まるようになります。

理想的なショートサービスをいうと、ロングとショートの中間であるショートロングのサービスがよいです。

なぜならば、相手が打つかつなぐか判断に迷うため、強打される確率が少なく、レシーブが長く返球されるため、こちらに有利な展開になりやすいからです。

ただし、レシーブを確実に打たれたくないならば低く短いサーブを最初に出すのが無難でしょう。

ショートサービスはその後の展開として短くストップをされるか、軽く流しでフリックをしてくるかいずれにしてもゆっくりとした立ち上がりになりやすい傾向があります。

プレーヤーの戦型にもよりますが、相手の動きをみて対応していきましょう。

強打される傾向は低いので、前陣で構えてこちらの有利な展開になるように次のプレーを考えましょう。

また、練習メニューで基本のコース打ち分け、フォア、ミドル、バックに自由自在に出せるようにしておくことで戦術の幅が広がります。

できるようになったらショートサーブは習得できたといえます。

ショートサービスは実戦の試合をする中で基本技術になります。

これができないとラリーにならずに得点の半分は相手に強打されて提供してしまう状況になってしまいます。

確実に習得して、まずは相手に最初の強打を許さない方法を身に着けていきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ