三球目攻撃に繋げやすいサーブ|卓球が上達するメニュー

三球目攻撃をするためには横回転サーブやアップサーブなど回転系、ナックル系のサーブが効果的だと思います。

卓球のドライブをかける選手にとっては下回転系の短めのサーブからの展開も三球目攻撃に繋げやすくなります。

1.自分のタイプは?

前陣速攻型のタイプならミート打ちが得意でしょうか?ミート打ちが得意な選手は比較的あまり回転のかからないサーブを出して三球目を狙います。

ドライブをかけるタイプの選手だったら、下回転サーブをかけて相手につっつかせ、三球目攻撃に繋げるのも良いでしょう。

カット主体の選手でしたら、アップサーブや横回転系の短めのサーブを出して三球目に繋げる人が多いのではないかと思います。




1.ナックルサーブ

三球目に繋げやすいサーブは人それぞれ違うと思います。誰にでも当てはまるサーブは、ナックルサーブでしょうか。

ナックルサーブは回転のかからないサーブなので相手が突っつくと浮いて返ってきます。無回転なので自分の回転がそのまま残ってくることもありません。

程よい感じで浮いてくるので三球目攻撃に繋げやすいサーブですが、下回転のブチ切れサーブと混ぜて使うとより効果的になります。

2.横回転サーブ

横回転サーブも短めのサーブを出して三球目攻撃に繋げることが出来ます。

サーブ練習のメニューの中には横回転サーブ、下回転サーブ、ロングサーブなど含まれていると思いますが、どのサーブも同じモーションからスタートしましょう。

モーションが違うと相手に見破られてしまうので、横回転サーブは払われたり、狙われたりします。

コースも同じコースだと狙われてしまいますから悟られないように、フォア前に出して三球目攻撃に繋げたり、ミドル前、バック前とコースを変えて出してみましょう。

3.ロングサーブ

ロングサーブは早く低く出してコースを狙います。

甘いロングサーブは逆に攻撃されてしまいますから、フォア前のサーブのあとにバックにロングサーブを出して、早いピッチで三球目攻撃をしたり、バックからフォアストレートにふいにロングサーブを出して、フォアで待ち、三球目攻撃に繋げるという方法もあります。

4.巻き込みサーブ

巻き込みサーブはボールの内側を擦る横回転サーブとは反対で、ボールの外側を擦るサーブです。

横回転に時々下回転を混ぜたりしても効果的ですが、巻き込みサーブのレシーブはフォアに返ってくることが多いので、フォアで待つと良いと思います。

時々下回転も混ぜて使うと相手は突っついてきますので、フォアドライブで三球目を狙うことも出来ます。

巻き込みサーブは結構回転がかかるので、三球目攻撃には繋げやすいサーブだと思います。
守備型の選手も横回転をフォア前に出して、浮かせて三球目攻撃を狙うことも出来ます。

5.下回転のサーブ

フォア前やバック前に短めの下回転のサーブを出し、三球目はドライブで攻めます。

サーブを出したらどちらにレシーブが来ても良いように、ミドルで構えドライブに繋げますが、ナックルサーブも使うようにすると良いと思います。

台から出る大きいサーブは逆に相手に狙われてしまうので、台から出ない短いサーブが良いでしょう。

2.自分の三球目攻撃をやりやすいサーブを出す

卓球はどのようなサーブを出しても、サーブの後の戻りが遅いと三球目攻撃にはつながらないですし、自分の攻め方に合ったサーブを出さなければいけません。

回り込んで狙いたい人は横下回転サーブ、または横上回転サーブをバック側に出すなど、確実に攻められるサーブを覚える事が大事になりますね。

2.サーブ練習

練習メニューにサーブ練習を取り入れる時は、必ず三球目攻撃の練習にも繋げましょう。

卓球はサーブ練習だけだと、どのようにレシーブが返ってくるか、実際は分かりません。

サーブ、三球目攻撃、どちらも上達させることにつながります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ