主なサーブの種類 | 卓球が上達する練習メニュー

卓球のサーブの種類としては、大まかに分けると上回転、下回転、横回転、ナックルの4種類に大別することができます。

これら4種類のサーブの種類をここでは説明していきます。

1.上回転

アップサーブとも言い、ボールに対して上向きの回転を加えたサーブになります。

受けてにとってはボールにラケットを当てると上方向に飛んでいく性質があるので、回転量に合わせてかぶせぎみにスイングすることで返球することができます。




実戦としては、下回転に見えるスイングを織り交ぜてサーブを出すことができれば、ポイントを取ることができます。

回転がわかるようだと、上級者になるとレシーブを強打されてしまうので、主力というよりたまに出すことで効果的となります。

2.下回転

現代の卓球においては、基本となるサーブになります。

非常に使用率が高いのは、台に対して短く低く下回転をだすと強打される可能性が高いからです。

ボールが下向きに落ちる力をもつサーブの種類になります。

受けてはそのままボールを受けると下向きに落ちてネットに引っ掛けてしまうので、ラケット角度を上向きに当てることで返球することができます。

先ほど説明はしましたが、実戦の基本となるサーブとなりますので、強い下回転のサーブは出せるように練習しておきたいです。

3.横回転

ボールに横に移動する力を持つ回転です。

単純な横回転を出すと回転を利用されてしまい、こちらが不利になるパターンに陥る可能性があるので注意が必要です。

また、横の回転量だけだと強打される可能性があります。

受けてにとって確実に返球する方法は、コートのミドルを狙ってスイングするとミスの可能性が下がります。

実戦で使用する際は、下回転との併用で短く低い横下回転を使用することで、強打のリスクを減らすことができます。

4.ナックル

回転がかかっていないサーブのことをいいます。

回転がかかっていないため簡単に返球できそうですが、角度を決めてスイングしないとネットに引っ掛けてしまいます。

ただし、返球方法を知っている人にとってはチャンスボールになりやすいサーブではあります。

強打を避ける方法としては、他の回転を織り交ぜて出すことが有効です。

スイングに関してもサーブをだすときには、ナックルと想定できないようなスイングが望ましいです。

実戦ではスイングを他の回転に似せて出すため、無回転のサーブはめったに出せないと考えます。

相手を惑わすために有効的に活用していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ