長いサーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

長いサーブを出すには1つだけ気を付けるべきポイントがあります。

そのポイントとは何なのか、順を追って説明していきたいと思います。

1.長いサーブのコツ

卓球の長いサーブはロングサーブとも言われ、ロングサーブを出すためにはいろいろなポイントがあります。

まず1つ目として打点です。

初心者の方に圧倒的に多いのが、この高い打点でサーブをするというミスです。

打点が高いと緩い浮いたサーブが出てしまい、相手に打たれてしまいます。




または2バウンド目で相手のコートに入らずオーバーミスをするか、ノーバウンドでネットに直接ひっかかってしまいます。

最初のうちは低い位置でボールを捉えられるように、台が無くてもできる練習をしてみるのもいいかもしれません。

台の高さくらいでサーブを打つふりをしてトスをあげ、低い位置でラケットにボールがあたるように捉える練習から始めてみましょう。

そして感覚がわかってきたら台を使っての練習で、しっかり入れることとコースを意識して練習していきます。

私がよくやるコース取りの練習は、台の上に潰れたボールを置いてそれにあてるという的当てです。

潰れたボールやペットボトル、動きそうなものならなんでもいいので用意します。

そして今回は長いサーブの練習ですので、それを卓球台の奥の方に3箇所くらいに置きます。

的当てゲームと同じで、倒したら得点が入ります。

これをチームのみんなと競い合ってトレーニングとして行うと、サーブの上達だけでなく集中力も同時につくはずです。

2.フォアサーブ

フォアサーブの特徴は、横回転サーブを出した場合右に大きくそれることです。

つまり相手からしたら左に、バックに曲がってきます。

バックからバックに出したら横回転がかかっているサーブなら一気に曲がってきます。

フォアサーブのこの性質を生かすと、ミドルからサーブを出したらバックよりのミドルにレシーブがくることになります。

ダブルスのときにミドルから出されたら、パートナーがバック側にいた場合ぶつかってしまいます。

横回転がかかっていればかかっているほど効果的なので、上達へむけて練習してみてください。

3.バックサーブ

長いバックサーブはよく使っている人を目にすると思います。

これもミドルに出すと効果的です。

フォアサーブとは逆の相手にとってはフォアよりに曲がってきます。

ミドルからサーブを出す場合はどちらかというとバックのミドル寄りにサーブを出すといいでしょう。

ミドルを狙って出してしまうとフォアの打ちやすいコースにいってしまう可能性があるためです。

いかがでしたでしょうか。

自分にもできる気がしてきませんか?

長いサーブの気を付けるべきポイントは1つです。

トスをあげてからできるだけ低い打点でボールを捉えるようにしましょう。

卓球の長いサーブのコツを覚え、さらなる上達を目指しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ