バックハンドサーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

常に上位にいる人は、いろんな種類のサーブをもっていますよね。

自分には無理と思わずに、誰でも練習すればきっとできるようになります。

そこで卓球のバックハンドサーブのやり方をご紹介します。

1.ロングサーブ

卓球のバックハンドサーブは、誰もが出していますよね。

でも1人1人微妙に違う回転だったり、ちょっと癖があるサーブを出す人もいます。

バックのロングサーブというのは、早いスピードで相手のコートの深いところに落ちるのが特徴です。

速いだけでも嫌なのに、さらに回転までかけられたら反応ができないですよね。




そんなサーブの出し方を紹介したいと思います。

まず卓球のサーブは、1バウンド目は自分のコートに、2バウンド目は相手のコートに入れるものです。

ロングサーブの場合、この1バウンド目はエンドラインのできるだけ近くに落ちるよう意識してください。

サーブを出すときは腰を捻り、戻すときのスピードとスイングスピードで速さが変わります。

また、いいサーブを出すにはサーブが相手に打たれない低いバウンドであることも必須です。

サーブを出すときにトスをあげますよね。

低いサーブを出すときはこのトスが1番低いところでボールを捉える必要があります。

高いところで捉えてしまうとバウンドが高くなってしまい、相手にすぐに打たれてしまいます。

出来るだけトスの低い位置でボールをラケットにあて、ネットぎりぎりの低いサーブを出せるように意識しましょう。

卓球のサーブには下回転、上回転、ナックル、横回転、横下回転、横上回転といった種類のサーブがありますが、ロングサーブはこのすべてで得点を取るチャンスがあります。

短いサーブよりもスピードが出やすい分、強く打たれる可能性も低くなります。

うまく使えばサーブで何点もとることができますので、上達を目指してサーブ練習を徹底してやり込んでみてください。

2.短い下回転

卓球のバックハンドサーブの短い下回転サーブは長いサーブとは違い、スピードが出ないので回転が命です。

回転量が足りないとすぐに見抜かれて打たれてしまいます。

ですが下回転は基本のサーブなのでしっかりマスターしましょう。

下回転から3球目攻撃を狙っていけるように、しっかり回転をかける練習をしてください。

ラケットにあたるときはドライブ同様、木の音がしないようにラケットの上を滑らせるよう意識しましょう。

3.横回転

横回転には横上、横下、横回転とありますが、基本的には横上回転と横下回転を練習します。

横回転はラケットの角度があってしまうと強打される恐れがあるからです。

横下回転の場合は、左上から右下にむかって横回転をかけながら振り下ろします。

横上回転の場合は逆で、左下から右上にむけラケットを振り上げます。

横回転を入れることで回転が狂ってしまうので、レシーブから打つことが難しくなります。

相手のふいをつき同じモーションからバックハンドサーブの長いサーブができるまで上達すると卓球の試合で勝てる確率がぐんと上がると思いますので、サーブ練習を大事に行うようにしてください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ