横回転サーブのレシーブ法 | 卓球が上達する練習メニュー

卓球の横回転サーブに対するレシーブは難関ですよね。

下回転やナックルサーブとは違い癖のあるサーブです。

今回はレシーブが上達する、横回転サーブのレシーブ法をご紹介します。

1.ミスの原因

まず横回転サーブをレシーブミスする原因として、そのまま返しているということが考えられます。

ラケットの角度を変えたり向きを変えたりせず相手の回転に負けている可能性があります。

強い回転できたボールに対してそのまま返してしまうと相手の回転に流されてしまいます。




角度を変えたりむきを少し変えるだけでかなり相手のコートに近くなってきますよ。

2.ポイント

1つ目のポイントとしてラケットの向きです。

相手が横回転のサーブを出しているのですから、自分は逆回転で返せばいいのです。

これはどういうことかと言うと、右利きの人のバックサーブは右回転できますよね。

自分にとって右回転なのですから逆回転の左回転に変えてしまえばいいのです。

つまり相手の回転に抵抗するために逆回転を加えて打つということです。

それでも浮いてしまうという方はもう少しラケットを寝かせてみてください。

逆回転にしたのにかなり浮いてしまうという人は、相手のサーブの回転が強すぎて負けてしまっているので、かなり寝かせて打つようにしましょう。

2つ目のポイントとしては強打です。

回転がわからない、気付いた時にはもう目の前、というときに、私は何も考えずに強打しています。

変に回転を気にするよりこちらの方が簡単かもしれませんね。

この方法だと相手の回転にも負けることもないですし、少なくとも甘いボールで返すことはありません。

サーブの回転が強ければ強いほど効き目はあります。

自分だって渾身のサーブを打たれたら正直ショックですよね?

相手もこれはかなり嫌がるはずです。

ですが中途半端に打ってしまうとそれこそ回転に負けてしまうことになるので、思い切って全力で振るようにしましょう。

迷わないこと、全力で振ることの2点を気を付けると相手の嫌がる横回転に対するレシーブができますよ。

あと気を付けるポイントとしてはコースがあります。

相手がフォアサーブの横を出したか、バックサーブの横を出したかによって変わりますが、回転に反発しようとしなくても回転が弱ければ、入る確率の高いコースに入れるのも1つの手です。

そして最も確率の高いコースはミドルです。

ラリー中でもそうですが卓球の横回転サーブはとても速く、いくら毎日練習をしている相手だとしても瞬時に反応しレシーブをするのは難しいときもあります。

そういう時はミドルを狙い、確実に入れに行く方法をおすすめします。

台の真ん中を狙うのですから回転が強くかかっていてもどちらかには曲がりますよね。

回転もわからない、スピードがあまりにも早くて反応できなかった時に私はミドルを狙って、レシーブは確実に入れにいくようにしています。

以上ご紹介した方法で、卓球の横回転サーブに対するレシーブの上達を目指し、頑張ってください!







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ