レシーブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、レシーブとは相手の1球目の攻撃であるサーブの返球のことを指します。

試合における非常に重要なポイントで、まずありませんが卓球はサーブで100%得点できるならば、負けることがありません。

よって、レシーブでサーブが取れないということは試合に勝つことができないということになります。

卓球の試合で勝ち負けにかかってくる技術であるのでいろんなサーブを経験してしっかりレシーブのコツを養っていきましょう。




レシーブの練習メニュー

レシーブの練習メニューに関しては、サーブの種類はいろいろあり、人によりスイングもいろいろで経験を積んで慣れることが近道ではありますが、まずはその前にサーブの回転の特性を知っておかないと知らないサーブが来た時に応用ができません。

よってサーブの回転の種類がどのようなものがあるか知っておく必要があります。

まず、サーブの種類に関しては、大まかに分けて上回転、下回転、横回転、逆横回転、無回転の5種類が挙げられます。

簡単に説明すると

上回転サーブはラケットに当てると上方向に飛んでいく力を持つサーブ
下回転サーブはラケットに当てると下方向に飛んでいく力を持つサーブ
横回転サーブは右利きの人が出した場合出し手のバック側の方向に飛んでいく力を持つサーブ
逆横回転サーブは右利きの人が出した場合は出し手のフォア側の方向に飛んでいく力を持つサーブ
無回転サーブは回転がかかってないため回転をかけようとするとその力を加える方向に強く飛んでいくサーブ

と想定することができます。

回転の特性がわかっても相手もわからないように工夫してサーブを出してきますので、うまくいくかは保証できません。

なのである一定まではいろんなサーブをレシーブして経験を積んでいく必要があります。

この5種類のサーブが取れない人は練習メニューとして、集中的に同じサーブを出してもらい返球方法の特性を頭に描きながら返球するとレシーブ技術が効率よく向上していきます。

経験と知識があってもわからないサーブに出くわす時があります。

その時は相手の回転を自分の回転にして返す方法が返球のコツです。

つまり下回転サーブを出して来たらそれを上回るドライブ回転で回転を自分のものにして返球するという形です。

サーブがわからないからと言って中途半端なスイングで対応すると相手のサーブの回転の影響をもろに受けてレシーブミスをしてしまいます。

しっかりと想定するスイングで中途半端な対応をしないことがレシーブのコツになります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ