プッシュの打ち方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において相手の攻撃を防ぐのはショートですが、少し攻撃的なショートを「プッシュ」と言います。

ショートとの違いをしっかり把握して、練習メニューでも使い分けて上達を狙いましょう。

それでは「プッシュの打ち方とコツ」を見ていきましょう。

1.基本的なショート

ショートはブロックを多用するペンホルダーの選手にとっては特に重要な技術です。

体の正面にラケットで壁を作り、相手のボールの勢いを利用して押し出すようにスイングします。

振るのではなく押し出す、この感覚を掴めないと次のプッシュへと繋がりません。




まずはプッシュの上達の前にショートの感覚を掴む練習メニューを用意しましょう。

1.ペンホルダーの場合

バックスイングはワキを開かずヒジの屈伸を使って行いますが、引きすぎると力が入りにくくなるので自分に最適の位置を見つけます。

ラケットの角度は垂直かやや被せ気味にして、ラケットの壁を作るようにバックスイングします。

バウンドの頂点付近を狙ってヒジの屈伸を使って押し出すようにインパクト、そのままやや上方向にラケットをすくい上げるようにスイングします。

2.シェイクハンド

シェイクハンドの場合、ペンと大きく違うのはヒジの使い方です。

ヒジを上手く使うために外側に開き、ワキを開いてバックスイングを取ります。

スイングはヒジを前方向に出しながら、バックスイングからフォロースルーまでヒジを中心にスイングすることを心掛けます。

2.プッシュのコツ

ショートが安定して打てるようになったらいよいよプッシュです。

プッシュはより攻撃的に、全身を使って力強く相手の打球を押し出す技術になります。

ショートは卓球の防御の基本ですがプッシュはより攻撃的な防御、緩急をつけることでより勝ちに行きやすくなります。

1.大きく溜める

相手の速球が来たら大きく速くインパクトして威力のある打球をしますが、相手の球威に負けないためにも大きな溜めが必要です。

バックスイング時にショートよりも少し大きくヒジを引き、しっかりと力を溜めます。

2.速く振る

ポイントは大きくではなく”速く”スイングすることです。

バックスイングで溜めた所からカカトを上げて全身を使ってスイングします。

そのままボールに向かって、速さを意識しながら一直線にインパクトしましょう。

ショートに比べてより力強い打球になるためコートに入れる感覚が掴みにくいかも知れません。

コツはバウンドの頂点からネットすれすれを越えて相手コートに突き刺さる高さでインパクトすることです。

プッシュのスイングもそうですが、卓球台との距離がどれくらいだと打ちやすいのかもしっかり把握しておきましょう。

ペンホルダーにとって数少ないバックハンドでの攻撃手段なので疎かにせず、ちゃんと練習メニューを組んで上達させましょう。

相手の打ち分けで揺さぶられながらも落ち着いてプッシュすることでペースを奪い返しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ