切れたつっつきをドライブするには?|卓球が上達する練習メニュー

切れたつっつきをドライブするには、下回転が台から出ると分かった瞬間にバウンド直後を捉えるスピードドライブと、打点を落として回転量を多くしてかけるループドライブがあります。

切れたつっつきのドライブ打ちが上達する卓球の練習メニューを紹介したいと思います。

1.切れたつっつきをドライブ

卓球の切れたつっつきは分かっていてもドライブをかけるとネットにひっかけてしまうことが多いですね。コンパクトなスイングで下から上にすばやくスイングします。

卓球は足の動かし方も重要で、足を速く動かしてボールまで移動し、溜めをつくり一気に持ち上げるような感じでドライブをしましょう。




バウンド直後を捉える練習メニューを取り入れると良いでしょう。切れたつっつきをドライブするには、難易度も高いので基本のドライブをしっかり練習することが上達へとつながります。

1.体重移動

ボールが来たら、蹴ってすぐボールのところまで行きます。

ドライブをかける時に左肩を中にいれると右肩が自然に動いて体を回転させることが出来るので、力を抜いて体を沈めるような感じで右足に体重をかけます。

その姿勢で溜を作るようにします。

溜めを作る時に瞬間的に右に体重を乗せて、打球点の高いところでぶつけ気味にドライブするスピードドライブと、ギュッーっと体重を乗せて回転をかけるループドライブとどちらも切れたつっつきを打つには効果的だと思います。

2.スピードドライブで返す

切れたつっつきをドライブする方法の一つにスピードドライブがあります。切れたボールはラケットにそのまま当たると落ちてしまうので回転に負けないような擦る力を強くする必要があります。

打球点は高いところを捉え、ラケットに薄く当てる感覚で打ちますが、スイングは後ろから前にスイングするように意識します。

ラケットは少し被せ気味にして、後ろからエッジ方向にラケットを振り、勢いと回転力を一つにして飛ばしてあげましょう。

体重移動、腰の回転、バックスイングを引いて前腕を使いながらスイングスピードを早くして、早いドライブを打つようにしましょう。

3.ループドライブで返す

ループドライブは少し打点を落として下から上に擦りあげるドライブです。ループドライブの回転量が多いと切れたつっつきも持ち上げる事が出来ます。

決めるドライブというよりは繋ぐドライブになりますが、回転だけを重視したゆっくりなドライブです。

右ひざを落として体を沈ませて体重を移動させて擦り上げます。姿勢を低くして、体を入れ込んで下から上に擦りましょう。

2.バックドライブで返す

前腕と肘を入れて手首を使ってドライブをかけます。手首だけだと回転はあまりかからないので、前腕、肘からバックスイングを取り、手首のスナップを効かせて回転をかけます。

打球点はバウンド直後か頂点を捉えましょう。左横からテイクバックをとってスイングすると安定もして威力も出るバックドライブが出来ます。

スイングはコンパクトにしましょう。つっつきが深く来たときに体の前で捉えていては詰まってしまします。

左からラケットを出すと重心移動もやり易く、懐も広く使えるので切れた深いつっつきでも詰まることなくかける事が出来ます。

練習メニューの中に多球で切れたつっつきを出してもらって、ドライブをかける練習を取り入れてみましょう。

まずは、入れる事から始めて、上達してきたら、回転をかけて入れるようにしましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ