ロビングの打ち方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

高く弧を描くようにボールを上げて繋ぐ技術をロビングといいます。

ロビングは時間を稼いだりペースを整えるなど卓球では重要な技術となります。

守りが上達するためにも「ロビングの打ち方とコツ」を押さえて練習メニューを組みましょう。

1.ロビングとは

基本的に劣勢時に何本もロビングで粘ることで相手のタイミングを狂わせてミスを誘うなど卓球では守りの技術です。

前陣型が卓球台から下がってしまったときに前に出る時間を稼ぐなど、相手との打ち合いをかいくぐるのにも有効です。




しかしコツを知らないといつまでも上達しませんので、基本をしっかり押さえて練習メニューに取り組みたいものです。

1.柔らかく打つ

ロビングの基本は大きく高い弧を描くような打球です。

そのためにはボールに逆らわずに、ラケットで柔らかく下から上にこすり上げるようにドライブをかけます。

ヒザの屈伸を利用して体を弾ませるようにインパクトすることで高いバウンドを出せます。

2.打ち分ける

ただただ守っているだけでは相手の攻撃は止まりません。

常に相手の位置を確認して相手が攻撃に転じにくい位置に打ち込めなければなりません。

クロス、ストレートのどちらでも相手コートのエンドライン付近に落とせるように技術を磨きましょう。

練習メニューとしては①バックサイドからクロスで打ち合う②相手のドライブをロビングでストレートに返球③相手のフォアサイドからのドライブをクロスにロビング、で左右への繋ぎを繰り返すことで上達の助けになります。

2.状況判断をする

卓球におけるロビングは繋ぎの技術、乱れたペースを整えて攻撃に転じるための準備です。

もう少しロビングで粘るべきなのか、攻撃に転じるべきなのか、一打一打でしっかり判断することが必要です。

相手の立ち位置と自分の状態、卓球台全体を俯瞰して見ることがロビングには欠かせません。

3.ロビングスマッシュ

こちらがロビングすると相手もロビングで返球してくることがあります。

これはお互いにペースを整えている状態、先に切り込んだ方が主導権を握りやすくなります。

高いバウンドに合わせたロビングスマッシュでガンガンプレッシャーをかけていきましょう。

1.フリーハンドを高く

バウンドが高いため普通のスマッシュに比べてインパクトのタイミングが掴みにくいです。

ここに上手くタイミングを合わせるコツはフリーハンドを高く上げることです。

フリーハンドを振り下ろす反動を利用してラケットを振り下ろすようにするとパワーのあるスマッシュが放てます。

2.思い切り振り抜く

正しいフォームのイメージが身につかないと打球が安定せず、ミスが多くなります。

イメージは野球のピッチャーがボールを投げるように思い切り振り下ろすことです。

インパクトしたらそのまま相手に背中が見えるくらい体を回転させることで打球が安定します。

もちろん相手の返球に素早く反応できるよう、基本体勢に戻る所までしっかり意識しましょう。

相手とロビングを打ち合う所からロビングスマッシュに繋げる練習メニューをこなして、安定した打球となるよう上達させましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ