卓球のロビングが上達する練習メニュー

卓球のロビングは楽しいのですが、一歩間違えると全部打たれてしまいます。

今回は簡単に打たれないためのコツと練習方法を紹介したいと思います。

[brnum=”1″]

1.ロビングのコツ

相手にスマッシュを打たれたとき、下がって拾いますよね。

そして後ろに下がったまま相手のコートに高く上げてまた打たせます。

これをロビングと言います。

ロビングのコツとしては台の深いところを狙います。

浅いところに落ちてしまうと、相手にわざと打たせている分ただでさえ不利なのに、ストップや台に叩きつけるようなスマッシュをされてしまいます。




深いボールで返すことにより相手にとっても打ちづらく不利な状況をつくることができます。

また、相手のレベルが高ければ高いほどスマッシュの威力も上がります。

そうなるとロビングに持っていく前に相手に打ち抜かれる可能性が高くなりますよね。

できるだけフォアにきたボールはカウンターをし、バックにきたボールはブロックか、本当に厳しかったときだけロビングで繋ぎましょう。

仕方なくロビングをしたときでも、守るだけの繋ぐロビングではなく、攻めにいくロビングをするように心がけるようにしましょう。

ロビングをされると、自分がスマッシュを打つ側のときに感じると思うのですが、ストップをしたくなります。

自分がロビングをあげる側のときはいつでも前に出られるように、前にも注意しておくことをおすすめします。

今までがそうだったからといって、全部がスマッシュでくるとは限りません。

急にストップがきたときのためにいつでも前に出られるような体勢を作っておきましょう。

また、相手がストップをしたけど上がってしまったというときには必ず決めることができるように、構えておきます。

先ほど説明したロビングで攻めるという方法は、ロビングボールをただ上に上げるだけでなく、回転をかけて返すというものです。

少しループ気味にドライブ回転をかけると、相手も100%の強打はしにくくなります。

この方法だと低く打つことができるので、ただ打たせるロビングよりも相手のミスする可能性があがります。

2.練習方法

卓球のロビングが上達する練習方法としては、ロビング打ちというものがあります。

これは単純に一方が打ち一方が後ろからロビングをするという練習です。

私のチームでは毎日練習の最後に2分間だけ行っています。

この練習は打つ方はロビング打ちの練習になりますし、上げる方はロビングでいかにうまくあげられるかの練習になります。

このとき、ロビングをする方はドライブ回転を少しずつかけられるように練習しましょう。

相手のスマッシュには威力がありますので、自分がそれに対して力を入れる必要はありません。

強ければ強いほど少しの力で相手のコートまで届くので、しっかり角度とコースを定めて入れるように、毎日少しでも卓球のロビング練習を行うことで、上達するはずですので、頑張りましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ