ラリーのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、ラリーとはサービスを出した後に連続してボールを打ち合うことをいいます。

基本的にある程度の卓球経験者であれば、相手のラバーの性質にもよりますが、単純な回転でコースが限定されたラリーであれば100回程度は容易に続けることができます。

初心者の場合は、卓球の回転に対する質を学ぶために何度もラリーの往復を経験する必要があります。

初心者の上達のコツとしては、卓球経験者とラリーをしてもらうと上達が非常に速いと考えています。




理由としては、回転が安定しているのとコースも限定しているため、初心者が起こしやすいナックルの回転での返球が少ないからです。

ラリーの練習メニュー

練習メニューとしては、まず実戦ではラリーは100回続くことはないということをまず認識する必要があります。

私自身も試合でそのようなラリーをした経験はありません。

何人かはいるかもしれませんが、それは遊びの範囲でやっていたのでしょう。

競技レベルにおいて、相手の強打を100回防ぐ、もしくは100回強打することは限りなく難しく、途中でどちらかがミスをするか得点となりラリーが終わってしまいます。

卓球は試合においてはラリーを続けることで得点になることはありません。

相手の読みを外し短時間で得点、すなわちサーブで得点するとラリーが0.5回ですむので、サービスエースが一番効率の良い得点方法のコツとなります。

しかしながら、安定して同じ球を打つための練習としてはラリーも必要ではあると考えています。

よって、根性論の100回ラリーを続ける練習も一定のレベルにまでは有効です。

ラリーがある程度できる人は、練習メニューとして、1コースだけではなくいろんなコースに打球を振り分けてフットワーク練習も踏まえてラリー練習を行いましょう。

コースの振り分けでの打球がある程度できるようになったら、ランダムでコースを変えてもらいどのコースに振られてもラリーができるようにします。

何度も記載しますが、卓球におけるラリーは実戦では10回続けば素晴らしいプレーです。

ある程度できるようになったら、続けることに意義をもつのではなく、プレーに対する目的を意識して練習するのが飛躍のコツです。

よく見られるフォアハンドで永遠にラリーをする練習は実戦における効率で考えると非効率です。

現代卓球におけるラリー展開としては、いろいろありますが、前進回転、上回転ともいいますが、上回転の打ち合いが主流になるとは考えています。

カットに対する打ち合いのように例外はありますが、通常はドライブでのひきあいが多いです。

どのコースで打ち合いになっても対応できるようラリーの練習をしていきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ