フォアブロックのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

相手の威力ある打球を止めて返す技術をブロックと言います。

まずフォアブロックをマスターすれば多少の攻撃には動じず、落ち着いた卓球ができるようになります。

上達するための「フォアブロックのやり方とコツ」を参考に練習メニューを考えてみましょう。

1. フォアブロックのコツ

相手の強い打球に動揺せずに対応するのがブロックに最も重要なことです。

主導権を奪われたときはしっかりと守り、落ち着いてから自分のリズムを取り戻すことが必要になります。




そのためには相手の揺さぶりに食いつき、打球を取りこぼさないことが必要不可欠になります。

上達のためにも練習メニューではスマッシュや横回転など色々な打球を受けるようにしましょう。

1. ボールをよく見る

速い打球に腕だけで対応しようとすると球威に押し返されて取りこぼします。

まずは相手の視線やラケットの角度から打球の方向をしっかり見て、ついていくようにしましょう。

ボールが飛んでくる位置に出来るだけ体を寄せて素早くラケットを出す意識を忘れなければフォアブロックは上達しやすいです。

2.肘の角度

ラケットの角度だけで対応しようとすると安定した返球が出来ません。

相手の球威に押されないように肘の角度を作ってからインパクトすることで返球が安定します。

3.腕を止めない

打球に押し負けないように止めてしまうと大きくバウンドする返球となり、相手に更なる攻撃チャンスを与えることになります。

軽くフォアを打つように腕を振り抜くことで回転を加え、相手の嫌がる返球を行えます。

ただ守るだけでなく回転を加えて攻めのリズムを崩し、主導権を奪い返すのがフォアブロックの真骨頂です。

1.多球練習

ブロックの練習は相手の打球に反応できるようにならなければ始まりません。

試合形式よりはノッカーを相手に、何球も連続でブロックできるようになりましょう。

練習メニューでは素早くボールを正面に捉えられるようなフットワークを意識するのが上達のコツです。

1.強打に対応する

ノッカーの打球に反応が出来るようになったら次は強打にも対応できる練習が必要です。

相手のサーブを高く返球、スマッシュをフォアブロックするという練習方法で速球にも対応できるようになります。

最初はなかなか反応できませんが、少し後ろの位置からブロックすると成功率が上がります。

フォアブロックは何となく行えるようになって、特に練習しないままというプレイヤーもいます。

ですが守りには必須の上、ナックルなど相手のリズムを崩す返球を身につける土台となる技術です。

フォアブロックはカウンタードライブなど攻撃技術を上達させる布石にもなるので疎かにしないようにしましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ