フォアハンドの基本的な打ち方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、フォアハンドとは利き腕側の腕のことを単純に読むと指します。

特にフォア側、利き腕側での打球や打球ポイントのことをいうこともあります。

また、利き腕側はフォアハンドといいますが、逆側はバックハンド、真ん中近くはミドルと表現されます。

人によって打ち方が微妙に違うとは思いますが、フォアの領域に関しては、利き腕側から逆方面へのスイング、バックの領域は利き腕の逆側から逆方向へのスイングで分けられます。




フォアハンドの特徴としては、戦型にもよりますが、一般的に稼働領域がバック側より広いので、打球に威力を持たせやすいという点があります。

バック側にきたボールを回り込んでフォアで打つ打ち方のはそういう理由があります。

ただし、近年スタンスが平行足気味になってきており、シェイクの選手はフォアに劣らないバックハンドをこなす卓球選手もいます。

フォアハンドの練習メニュー

フォアハンドの打ち方に関しては、自分の利き腕側で打球したらフォアハンドになりますのでこつは特にないです。

練習メニューとして、フォアハンドの技術としてはまず身につけるべきものは、フォアハンドドライブになります。

ある程度フォア側でのラリーができるようになったらまずは上回転の打球方法を練習していきましょう。

一般的にボールの上側をこすることで前進回転、いわゆる上回転のかかった打球をドライブといいます。

適度な上回転をかけることによって、ラリーの安定性がアップします。

回転がかかりすぎるとコントロールできなくなりますが。

この打球に関しては、こつとしてはスイング方向を45度の位置にまずは振ることで安定します。

フォアを主戦とする戦型はいろんな位置から、どこからでもフォアハンドで打てるようになりましょう。

練習としてはまずは基本の1コースでの打球をできるようにします。

1コースの打球ができるようになったら、他のコースにも一定にシステマチックに振ってもらいそれらをすべてフォアハンドで対処します。

どのコースでも対応できるようになったら、次の練習メニューはコースをランダムで出して練習を行いましょう。

ランダムでの対応が終了したら、こちらの打球方向にも注意して打つ場所を選定していきましょう。

シェイクの両ハンドの卓球が全盛期の現在ですが、フォアハンドの強打は時代が変わっても健在です。

決定打としてフォアハンドで振っていけるようしっかり練習していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ