卓球のフリックが上達する練習メニュー

卓球のフリックは、下回転サーブに対して順回転でレシーブする技術です。

下回転に対してのフリックはネットミスをしやすいので確実に入れるところから練習しましょう。

卓球はレシーブから攻撃する場合はフリックの上達が必要です。

1.守るだけのレシーブでは攻められます

フォア前のサーブ、バック前のサーブをつっつきだけでレシーブをしていたのでは二球目、四球目攻撃と繋げられないので、しっかりとレシーブも武器にしましょう。

フォア前のサーブからバックに深く三球目攻撃を狙われたり、バック前サーブから深いところを狙われたりと、前後に振られて得点される事が多い人は是非覚えて欲しいフリック。




まず、確実に入れる事から練習をしていきましょう。

1.まず入れる

まず、卓球のフリックを上達させる為にはネットを越えて入れることから練習します。

下回転に対してのフリックはネットミスが多くなるので、下回転サーブに対して上回転をかけてネットを越える感覚を覚えましょう。

面は垂直に、ラケットは台上に置いた状態から始めて肘を支点に上にラケットを擦る感じでやってみましょう。

どうしてもネットに引っかかってしまう人は角度を少し上向きにしてやってみましょう。

2.短く入れる

始めは相手コートについてから 2 バウンドさせるくらい短く返しましょう。

インパクトの瞬間が早いと、ラケットを前に押さなくても、ボールは前に跳ぶので押さないようにしましょう。押してしまうと跳びすぎてオーバーしてしまいます。

3.バックのフリック

バックもフォアと同じですが、打球点を決める時に、ラケットで位置を合わせるのではなく、肘を合わせてラケットの高さを決めるように意識しましょう。

そうすることで肘も高い位置になり高い打球点を捉えることが出来ます。フォアと同じですが、少し違うところは面を垂直にして、手首を少しだけ返す事です。

4.打球点

打球点はバウンドして一番高い所を捉えます。 一番高いところなので、フォア前にサーブが来ても、慌てることなくしっかり右足を出して払いましょう。

バウンドの一番高い所は相手の回転にあまり影響されずに返すことができます。慌てて急いで打ってしまうと打球点が低くなり入れるのが難しくなります。

練習をするときは自分でボールを落としてみたり、相手に短いサーブを出してもらったりしてボールの一番高いところを捉える練習を繰り返しやりましょう。

打球点を高く取る事はフリックを確実に入れる為にはとても大事な事なので落とさないように注意しましょう。

5.バックスイング

バックスイングは取らないようにします。ボールにラケットを持って行き、そこがスタートのイメージです。

大きくバックスイングを取ると、遅くなったり一番高い打球点を捉える事が出来なくなります。

小さくスイングをしてインパクトの瞬間は速くしましょう。

2.パワーフリック

三球目攻撃が入るようになると、相手は短くレシーブをしてくるようになります。

そうなると、ネットよりも低いボールを打たなければいけなくなるので三球目攻撃につながりにくく、サーブも変えなければいけなくなります。

短いレシーブに対してはパワーフリックで攻撃しましょう。特にフォア前はシェークにとっては取りにくいところなのでフォア前のパワーフリックは是非習得して欲しい技術です。

上から見下ろすようにボールに近づき、肘を少し伸ばし気味にして固定させて打ちましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ