ドライブに強力な回転をかけるコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、強いドライブ回転をかけるためには2種類方法があります。

一つは薄く当てて摩擦力で回転量を発生させる方法で、ループドライブがこちらに該当します。

もう一つは厚く当ててラバーの打球する際のばねの力を使用する方法で、パワードライブはこちらに該当します。

自分から薄く当てるタイプは非常に回転量が多い反面、スピードが劣る傾向があります。




厚く当てるタイプはスピードが速い反面、摩擦力を利用した方法と比較すると回転量が劣る傾向があります。

どちらが優れているかはプレーの状態、状況により変化するのでいえませんが、ドライブ主戦型は両方使用できないと実戦においてカウンターを受ける可能性が高くなります。

ドライブに強力な回転をかける練習メニュー

練習メニューとしては、パワードライブとループドライブをマスターすることでドライブの回転量を強くかけることができるようになるため、それらの技術の練習方法を挙げていきます。

まずどちらの卓球技術にも必要なのがスイングスピードを上げることです。

スイングスピードを上げるためには、腕の力だけではなく、下半身の力を利用することで上昇させることができます。

すなわち、股関節の軸足への体重移動から、軸足から腰、腕の回転までの力の使うフォームを身につけることでスイングスピードが上がります。

スイングスピードを確保したら、まずは薄くボールにラバーを当てることで摩擦をかける方法をみにつけていきましょう。

スイングスピードがなかったら、薄くボール当てることができてもミスにつながる可能性があります。

最初はミスを怖がらず、スイングスピードを意識してコースを一定にして練習をします。

それができるようになったら、次の練習メニューとして、厚く当てる回転のかけ方も練習していきます。

こちらもスイングスピードが出せていないと回転量が落ちてしまいます。

ミスを恐れる厚く当てて振りぬいていきましょう。

どちらもミスが出ないようになったら、同じコースでドライブの打球方向、フォア、ミドル、バックへの打球を練習します。

コースの打ち分けができるようになったら、返球コースを変えてもらい、どこに来ても打法ができるように訓練していきましょう。

これらができるようになったらドライブの回転量をしっかりかけれるようになっています。

卓球の実試合においてはドライブ主戦型はドライブの質を駆使して勝利をつかむ必要があります。

確実に回転量を出し、あらゆる方法で対応できるようにしていきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ