低い球をドライブで打ち返す方法|卓球が上達する練習メニュー

卓球をやる上でドライブは得点するためには必要な技術の一つです。

低い球はスマッシュで得点することは難しいですが、ドライブだと回転をかけて跳ばすので低い球でもドライブで強打することが出来ます。

1.重心は低く

低い球に対してドライブで打ち返すためには、腰を落として目線を低くする事が大事です。

ドライブをかける時も体が立っている状態だと回転量やスピードのあるドライブはかけられませんね。

卓球の基本的なドライブのかけ方が出来ていないと低い球をドライブで打つことは難しいので、しっかりドライブの練習から始める事が上達につながります。




1.ループドライブから

低い球をドライブで入れるにはループドライブが一番やりやすいです。

右ひざでしっかり溜める事はとても大事で、体重を乗せたら左の股関節をギューと入れるような感じです。

溜めが少ないと下から上に擦りあげる回転が少なくなりループドライブの回転は弱くなってしまいますね。

ループドライブが上達する練習メニューは面を少し被せて軌道の頂点がネットの上に来るように意識して打つ練習で深く安定して入るようになります。

スイングは下から前に擦る感じで打つと摩擦が強く生まれます。

2.短くて低い球

低くて短い球をドライブするには体をしっかりボールに近づける事が重要になります。

特に台上ドライブのように短いボールに対しては思いっきり台の下に足を持って行きコンパクトなスイングでインパクトの瞬間は早くします。

3.バックドライブ

台上の短い球をバックドライブで返すときは、懐を広く使う事が重要になります。ラケットの面は下を向くくらい被せて姿勢を低くします。

肘を高くして懐を広くつかい、溜めて引き付けて回転をかけます。打球する瞬間にギュッと腕を絞って、車のワイパーが左右に分かれて動くような、そんなイメージで一気に擦って飛ばします。

卓球はすべての技術においてフリーハンドをうまく使う事が大事なので、下げないように注意しましょう。

4.速いドライブ

軌道が低いので姿勢を低くして打球点は高く捉える必要があります。

早いドライブを上達させる練習メニューは打点を落としすぎると持ち上げなければならず、または直線的に打つとネットに引っかかってしまうので、バウンド直後を捉えてラケットを前に振ってトップスピンをしっかりかけてドライブする練習です。

バウンド頂点を捉える為にはスタンスを広めに取ります。低い姿勢を保つため下半身をしっかり安定させ、体全体で打つ姿勢を作ります。

右足でしっかり踏ん張って、左足で踏み込みましょう。これが出来る人と出来ない人とでは上達度が違います。

繋ぐドライブではなく、決めるドライブになりますが100パーセントの力で打つよりは7~8割くらいの力で振り抜きましょう。

2.多球練習

多球練習で低い球を出してもらう練習メニューを取り入れてみましょう。数多く打ち、体で覚える事が一番上達すると思います。

低くて深い球と、短い球と混ぜて出してもらいます。慣れてきたらフットワーク練習の中にも取り入れてみましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ