ドライブで重要な体重移動のやり方|卓球が上達する練習メニュー

卓球でドライブをかけるためには体重移動は必ず覚えなければいけません。

卓球はドライブをかける為には体重移動が出来ないと回転を乗せてパワーのあるボールを送る事ができないので、しっかり覚えましょう。

体重移動が上達する練習メニューをご紹介しますので参考にしてみて下さい。

1.ドライブには体重移動がとても重要です

卓球はドライブでいろいろな回転のボールを出すことが出来ますが、体重移動が出来ないと、手打ちになってしまいます。

手だけで打とうとするとは回転量もパワーも、スピードも出す事が出来ず、相手に取られやすいドライブになり得点には結びつかなくなります。




しっかりと体重移動のやり方を覚えて打つ事がドライブを上達させるためにはかなり重要な事となりますので、しっかり覚えましょう。 

1.右から左へ

体重移動を覚えるのに簡単な練習メニューを紹介しましょう。右から左、右から左と意識しながら素振りをしてみましょう。右に重心があるときにラケットを下げて、左に動く時にラケットを振ります。

普通にフォア打ちをする時は出来るのに、ドライブになると出来ないという人はフォア打ちと打点が変わるのでタイミングが取りにくいからだと思います。

素振りをするときには実際にボールを打つイメージで練習しましょう。

足と体とスイングがバラバラになると体重移動をさせながら打つことは難しいので、右から左へ体全体で移動する感覚を覚えましょう。

これで、卓球の体重移動は上達します。

2.しっかり引き付ける

素振りで右から左へ体重移動をする感覚を覚えたらボールをしっかり引き付けてみましょう。右利きのフォアドライブの場合、右足にしっかり体重をのせて、体を沈ませるような感じでボールを捉えます。

そのままスイングの構えに入りますが、引き付ける時に腰をしっかり入れます。

スイングするときに腰も一緒に回してラケットを上に向かって振るようなイメージで練習しましょう。慣れてきたら、前に振るようにします。

3.打ち終わったら戻る

連続してドライブをかける場合は、連続して体重移動をすることが必要になります。右から左へ体重移動をして、そのままでいては一回で終わってしまいますね。

打ち終わった後は左足で蹴るようにして素早く戻り、その反動で次のボールも打つことが出来るのです。

慌てず引き付けて打つことを意識すると、右足に体重を乗せる事が出来ます。体重移動をさせてドライブをすることが出来ると早く戻る事も出来る様になります。

ドライブをかける時はまず右足にしっかり体重を乗せましょう。多球練習でボールを連続してだしてもらってドライブする練習メニューを取り入れてみましょう。

2.ループドライブ

ループドライブの練習メニューには、インパクトの瞬間は右足で打ち終わったら左足だけで立つ練習をしてみましょう。

その練習をすることで、右足に体重が残りがちになるのを防ぐ事が出来上体重移動の上達にもつながります。

右に体重を乗せてスイングをし、最後には左足だけで立つことを意識し繰り返し練習することによって体重移動のイメージがつかめるようになります。

どのようなドライブでも右から左への体重移動は共通ですので、意識して練習しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ