卓球のドライブがエッジに当たってしまう原因と改善法

ドライブを打つ時にラケットのエッジに当たってしまう原因としては、ボールを見ていない、回転をかけようとして力が入る、ラケットを被せすぎているなど考えられます。

卓球のドライブがエッジに当たらないようになる練習メニューを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

1.エッジに当たってしまう原因

卓球のドライブをかける時にラケットのエッジによく当たるという人は、回転をかけようとしてラケットの面を被せすぎている事が多いです。




もう少し角度を開くことで解消されると思います。また、擦りあげようと力が入りすぎて、うまく打点出来ない時もエッジに当たったりします。

1.寝かせすぎ

ドライブをかける時に出来るだけ薄く当てて回転をかけようとします。

その時にラケットの面が下を向きすぎていたり、バックスイングを思い切り引きすぎるとラケットのエッジで打球してしまうことがあります。

ラケットの面を少し開いて、インパクトの瞬間までしっかり見てドライブをかけるようにしましょう。

2.打球点

最後までボールを見て打つようにするには、最も基本のフォアハンドの練習もしっかりやりましょう。

打球する時までしっかりボールを見ます。打つ時にフリーハンドでボールを掴みに行くようにして打球点を確認します。

打球点を確認できたらラケットで打ちましょう。フリーハンドを持って行くことで腰の回転も使えるようになります。

2.バックスイング

大きくバックスイングを取る人にも空振りやエッジに当たるなどのミスが見られます。

力が入って手だけでバックスイングを取ったときに体が正面を向いていて、体が開いてしまいます。

その状態でボールを打とうとすると、腕だけでドライブをする状態になるのでボールも見えないですし、打球点も安定しません。

ボールの高さはその時々でバラバラなので手だけで合わせようとすると、入るときもあればミスするときも出てきます。

バックスイングを取る時は肘を曲げ、コンパクトに振る事で振り遅れはなくなります。

3.腰を落とす

体が立っている状態でドライブしようとして、ラケットの高さが調節できない時もエッジに当たったりします。

ドライブは右ひざを曲げて左の股関節を中に入れるようにして溜めます。溜めを作ったら、腰を回転させ体重移動をさせながら打ちます。

その時の膝の曲げ具合が一定でなかったり、溜めが十分でなく伸びあがった状態でボールを捉えようとすると打球点も安定しません。

溜めを作った時にしっかり打球点を捉えましょう。その時にラケットの面の角度の確認も出来るので、エッジに当たる事はなくなります。

3.エッジに当たった時は

卓球のドライブをかける時にエッジに当たる時は、一つ一つ練習メニューを思い出して、焦らずに確認してみましょう。

そればかり気にしているとほかの球も入らなくなってしまいます。気持の切り替えも大事です。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ