カウンタードライブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、カウンタードライブとは相手のドライブによる上回転の性質をもつボールの回転量を利用して返球する技術のことを指します。

特徴としては、ブロックと異なり相手の力を利用することができるので、コース取りがよければノータッチで得点することが可能な技術になります。

卓球はカウンタードライブをする場面では、相手はドライブによって体制が多少なりとも崩れているので、返球することができれば次のボールはつないでくるか、つまってこちらのチャンスボールになる確率があがります。




ドライブのコースがわかっていれば難しい技術ではないので、練習して卓球の試合で使用できるようにしていきましょう。

カウンタードライブの練習メニュー

カウンタードライブをする方法としては、まずドライブに対するブロックができることが前提になります。

練習メニューでは、ブロックができない人は、まずコースを一定にしてドライブを連打してもらい、それらが確実に返球できるレベルまでに上げてください。

ブロックが確実にできるようになったら、ブロックをする際に少し前進回転をかけることで、相手の回転量が利用した伸びるカウンタードライブが可能になります。

ブロックの応用になるので、前に飛ばす力はいりません。

前に飛ばそうとするとオーバーミスが多くなるので注意してください。

これだけでカウンタードライブはできたことになるのですが、もう一つ攻撃的にするならばバックスイングを少し入れてください。

大きなスイングはいりません。

大きなスイングだと安定性が著しく落ちてしまうので、あくまでブロックの延長線上をイメージして小さなバックスイングを入れて攻撃的なカウンタードライブを身につけていきましょう。

また、もう一つ安定させる方法としては軸を外すという方法があります。

少し横からの横回転を加えることで、軸をはずして相手の回転量に影響されずに返球しやすくなります。

おススメの練習メニューはコースを限定して、2回ブロックして3回目でカウンタードライブをするというシステム練習です。

ある程度できるようになってきたら、3球目攻撃を固定したシステムにしてもらい戦型に沿った練習を行うことで効率の良い習得ができます。

特に力がないプレーヤーにとってはカウンタードライブは得点源になる可能性がたかいです。

しっかり練習して試合で重要な場面で生かしていきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ