カウンターの打ち方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

カウンターとは文字通り「相手の攻撃球を攻撃し返す」技術で卓球にも存在します。

習得は用意ではありませんが決まったときの効果は目覚ましいものなので、練習メニューを組んで上達を狙いたいものです。

「カウンターの打ち方とコツ」をしっかりと理解しましょう。

1.カウンターとは

もう少し噛み砕くと、相手に攻撃させて体勢が崩れた所に返球する技術です。

ただでさえ球威のあるボールを狙った所に安定して返球する技術が求められます。

スピードがついているボールを正確に捉えて相手の球威に負けないようにしないといけないので当然、難易度は高いです。




しかし成功すれば相手にとっては単に失点だけでなく「攻撃したら失点した」というプレッシャーになります。

卓球の試合ではプレッシャーを与えるのも重要な戦略ですので、勝ちたいならばカウンターは避けて通れない技術でしょう。

1.素早く動作に移る

カウンターには打球のコースへ瞬時に飛び込むフットワークと、振り遅れないバックスイングが必要です。

そのためには相手が攻撃するコースを絞らせることが重要になってきます。

2.ラケットの角度

相手の攻撃には回転がかかっていることがほとんどです。

相手の回転に負けないのはもちろんのこと、回転に対して適切な角度を作らなければなりません。

2.カウンターの練習

カウンターを身につけるには技術より先に”卓球の体”が出来ている必要があります。

ある程度の経験があることを前提に、カウンター上達のための練習メニューを紹介します。

1.ブロックから始める

まずは相手の攻撃をおっかなびっくり防ぐのではなく、意識してブロック出来るようにします。

最初はクロスの打ち合いから自分に向かって打たれたドライブを正確にブロックして返球します。

慣れない内は「○球目で攻撃してもらう」などパターンを決めておくと良いでしょう。

コースがわかっている中で攻撃への心構えを作るとともに、それまでとのモーションの違いを確認します。

落ち着いてブロック出来るようになったら少しずつラケットを振っていきます。

ちゃんと相手コートに入るスイングとラケットの角度を少しずつ身につけていきましょう。

2.カウンタードライブ

相手の攻撃に対してラケットを振っていけるようになったら、ドライブをかけてみます。

ドライブはカウンターの中でも返球を安定させやすいので卓球では多用されます。

まずは「相手のドライブをカウンタードライブする」所までしっかり出来るようになればカウンターの基礎は身についた、と言えるでしょう。

更に上達を狙うならばランダム返球でカウンター、横回転のカウンターなど様々な練習メニューを組みましょう。

スマッシュを打たせてカウンター、前陣からバウンド直後をスマッシュするなどカウンターのバリエーションは様々です。

カウンターは相手の打球をどれだけ知っているかになるため、初めての相手に成功させるのは難しいと言えます。

しかし失敗を恐れていては上達もありません、常にカウンターを挑んでいきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ