卓球のチキータが上達する練習メニュー

卓球のチキータを覚えたいという人はたくさんいると思います。

そんな方々に見てもらいたいのがこの卓球のチキータが上達するコツと練習メニューです。

1.スイング方法

卓球のチキータの練習方法を紹介する前に、まずチキータの方法を紹介したいと思います。

まず、脇をあけてスイングするスペースを十分にとります。

次にボールの内側を捉えやすいように肘を高くあげます。

手首を内側に曲げながらボールの外側を捉え、回転を思いっきりかける、とういうのがチキータの基本のスイングです。




昔は男子がやる技術だと捉えられていましたが、最近では男子だけでなく女子も使うようになってきました。

この機会に女性の方も真似して練習してみてはいかがでしょう?

2.練習方法

それでは早速練習方法にうつります。

練習をする前に卓球のチキータを打つときのラケットとボールの感覚を覚えると上達が早まりますので、まずは感覚を掴む練習からしていきましょう。

感覚はもうばっちりという方は、これから紹介する練習は省略しても問題ありません。

まず、空いている手にボールを持ち、そのボールをまっすぐ離して落下させます。

台の上で落ちてきたボールを1バウンドさせてから、そのボールをチキータで打ちます。

相手側のコートに向かってラケットからボールが離れる瞬間に横回転をかける感覚を、この練習では身に付けます。

卓球のチキータを覚える際に1番必要なボールの横を捉えるという感覚を、この練習で掴んでください。

次に多球練習での練習方法です。

送球者にミートボールを軽くバックに出してもらいます。

最終的にはミートやナックル、下回転まで出してもらうのが理想です。

バックにきたボールをチキータで返します。

慣れてきたら低めのボールや回転量の多いボールもできるように練習していきましょう。

このとき意識するのはフォームです。

感覚は先ほどの1での練習で身に付いていると思うので、フォームと余裕があればコースや回転も意識しましょう。

また、ラリーボールで出してもらうだけでなく、回転のかかったサーブをバック半面に出してもらうという練習まで、できたらやってみましょう。

練習をたくさん重ね慣れてくると、どんなボールがきても身体が勝手に反応します。

そこまでいくと強い下回転でも簡単にチキータできるようになります。

チキータのコツとしては前傾姿勢をしっかりとり、ボールと目線を合わせて打つことです。

ただのレシーブとは違いこの技術の習得・上達にはかなりの時間がかかりますので、一度自分のものにしてしまえばそのあとは楽ですよ。

できるだけ実戦に近い形で球出しをしてもらうよう、そこまで上達できるよう、毎日の練習に励んでください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ