卓球のブロックが上達する練習メニュー

卓球のブロックは、女子でもうまい人は男子のボールをブロックすることができます。

ブロックだけが上手な人もいますよね。

そこで今回は卓球のブロックが上達する練習メニューを紹介します。

1.フォアのブロック

この練習は1球練習で行います。

相手にスマッシュやドライブを打ってもらい、止める練習です。

チームにスマッシュが上手な人、ドライブが上手な人がそれぞれいる場合は、相手を変えてお願いしましょう。

まずはフォアのブロックです。




単純にフォアにスマッシュやドライブを打ってもらい、1コースでのブロック練習です。

ボールがきたらむかえに行かず、できるだけ自分のところまで引き付けます。

バックスイングはしないのと、手だけ先に行かない、ということに気を付けてください。

ブロックの場合はカウンターと違い打ち返す必要はないので、相手の力を利用してただラケットにあてて返してください。

肘を支点にして、手首は動かさず、腕だけでなく身体全体でブロックするという感覚を覚えてほしいです。

2.バックのブロック

バックのブロックも同じでボールがばらけないよう1コースでブロック練習をします。

フォアと同じで身体の真ん中でボールを捉えましょう。

小さくフットワークを使って動きながらいい位置で捉えられるように意識します。

打球点はあまり高くなくていいので、ボールがバウンドしてあがってきたくらいの場所で捉えるのが1番捉えやすいかと思います。

スマッシュの場合は回転がかかっていないので、ほんの少しだけ振るようにします。

あまり振ってしまうと、相手のボールも強いので反発してしまい、オーバーミスをします。

ここは感覚なのですが、相手のボールに合わせたブロックができるまで上達できるといいと思います。

ドライブの場合はかかっていればラケットの角度を寝かせて打ちます。

そのまま打ってしまうと相手の回転に負けてこれもオーバーミスをします。

かかっていないドライブの場合、気持ち回転をかけるように少しだけラケットを振りましょう。

卓球のナックルドライブに対するブロックは1番難しいのですが、練習していくうちに上達できるように、ラケットを少し振るということを頭に入れておいてほしいです。

比較的バックの方がブロックはしやすいと思います。

フットワークの練習相手をするとき、ほとんどバックに集めてきますよね。

バックのブロックはフットワークの練習相手でもできるので、どちらかというとフォアの強化をおすすめします。

卓球のブロックは相手によって回転もスピードも違いますので、こうすれば確実に入るとは言い切れませんが、練習をしていくうちに感覚が身に付いてくると思います。

とにかく練習するしかないので、ひたすらブロック練習をするでもいいですし、フットワークの練習相手を自ら買って出たりして、早めに感覚を掴めるよう、頑張りましょう!







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ