卓球で決定力のあるドライブを打つための練習法

ドライブは試合での使い所が多く、得点に繋がりやすい打球です。

とはいえ卓球の試合でとっさに有効なドライブを出すには普段の練習法も考える必要があります。

今回は上達のための「卓球で決定力のあるドライブを打つための練習法」を紹介しましょう。

1.フットワークを身につける

卓球台で威力のあるドライブを打てるのは基本ですが、実際の試合では相手の打球に対応しながら打つ必要があります。

どのような位置からでもフォアハンドに回り込むフットワークが身につけばドライブの決定力も上がります。




中でも有効な練習法は相手にボールを出したら①相手に練習したい位置に返球してもらう②狙った位置にドライブを出す、というパターンです。

1.相手のバックサイドに打つ

ペンホルダーやバックサイドに構えるシェイクハンドはバックハンド側を狙いたい所です。

①フォアサイドに来たボールを②相手のバックサイドにフォアハンドで打ち返しましょう。

更にバックサイドからフォアサイドに飛びついてのドライブなど対応力を磨きましょう。

2.バックサイドへ回り込んで返球

特にペンホルダーはバックサイドに来たボールでもフォアハンドでドライブを決めたい所です。

ミドルの位置から①バックサイドに打ってもらい②回り込んで相手のバックサイドへドライブ、の反復練習をしましょう。

卓球ではどのようなコースに来てもフォアハンドで対応できるフットワークを身につける練習法がドライブ上達の秘訣です。

1.打ち分ける

フォアハンド・バックハンドからストレート・クロスまで、正確な打ち分けの技術がドライブの決定力には必要です。

自分の位置と相手の位置から最適なコースを見切る判断力と打ち分ける技術を身につけましょう。

ラケットや上半身の動き以上に、鍵になるフットワークも鍛えられる練習法を紹介しましょう。

1.クロスとストレートの打ち分け

①フォアサイドからフォアハンドでフォアクロスに打球し②相手にはフォアクロスに返球してもらう③更にフォアハンドでフォアストレートで返球して④相手にはバックハンドでバッククロスに返球してもらい⑤バックサイドに移動後、バックハンドでバッククロスに返球、という反復練習をしましょう。

ストレートとクロス、どちらでも狙った場所に打ち込めることが決定力のあるドライブには必須です。

しばらくラリーが続いても追い付ける体力と常に安定した打球が出来るフットワークを身につけましょう。

3.注意点

決定力のあるドライブを打つためには次の5つを常に守らなければなりません。

①打つコースを決める②止まってから打つ③打法を使い分ける④戻りを速く⑤基本姿勢に戻る、を普段から注意して練習法をこなすことで上達が早くなり卓球の試合でも決定力のあるドライブが打てるようになります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ