バックハンドドライブのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

卓球において、バックハンドドライブとはバック側にきたボールを前進回転、つまり上回転をかけて打球する技術のことを指します。

特徴としては、フォアハンドドライブと比較して稼働領域が狭くなる傾向があるため、打球の威力が弱くなります。

過去の卓球においてはフォア主体のプレーでも球足の関係からスピードに対応できていましたが、近年は卓球のラリーにおけるピッチが上がってきており、両ハンドドライブで対応、つまりバックハンドドライブも駆使したプレーをすることが試合を有利に進めるポイントになってきています。




最終的に決定打としてはフォアハンドドライブが有効ですが、プレーにおけるコース取り、つなぎにおいて勝敗を決める要因になりえる技術ですので、オールランド卓球プレイヤーは必ず習得していきましょう。

バックハンドドライブの練習メニュー

練習メニューとしては、まず多球練習によりボールに上回転をしっかりかけた返球ができるようになりましょう。

コツとしては、前傾姿勢で体の正面近くでスイングし、体の近くからラケットが離れないように意識しましょう。

体からラケットが離れてしまうとコントロールが難しくなるため、できるだけ体に近くでスイングした方が安定します。

また、肘を支点としてスイングを行います。

肘を支点として前腕を入り込んで、最後に手首で引っ掛けてスナップを生かすというイメージをしてください。

打球点は頂点近くで打つようにしましょう。

体の前で打つイメージでやれば、自然に打球点が高くなります。

最後にフォアハンドと逆になりますが、左足から右足へ重心移動をして打球するようにすると体で球に威力が出ます。

体の正面で打つことは、慣れるまでは必要ですが、将来的には体の横からバックハンドドライブを振れるようにしていきましょう。

回転をしっかりかけた返球ができるようになったら、練習メニューとして、コースの打ち分けのを行い、どの角度、スイングで振ればどのコースに返球ができるか身につけていきましょう。

コース返球ができるようになったら、下回転のボールを出してもらい、下回転に対するバックハンドドライブの返球方法を練習します。

打球方法は通常と変わらないですが、下回転ですので普通に打球すると下方向に飛んでいきネットに引っかかってしまいます。

よって、回転量により上方向の力の威力を調整する必要になります。

強い回転量をかけるためには足の重心移動を使って下から上へスイングをずらしてやるといいです。

後は戦型によってプレーに使用するシステム練習を行ことで、試合を有利に進める技術を鍛えていくことができます。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ