バックフリックのやり方とコツ | 卓球が上達する練習メニュー

バック前に来た打球を払うように返球する技術をバックフリックといいますが、卓球では相手の揺さぶりを凌ぐのに重要な技術です。

練習せずにとっさに出そうとしても打球が安定せず失点につながってしまいます。

上達のために「バックフリックのやり方とコツ」を押さえて、練習メニューを組んでみましょう。

1.バックフリック

フリックは下回転を台上で払っていく技術で、相手の揺さぶりを攻撃的に返していくことになります。

ヒジを軸にラケットでバック側に壁を作るようにバックスイングを取り、そのまま前に腕を押し出してはじき返します。




スイングは出来るだけ小さくしてフォロースルーを自然に、その後は速やかに基本姿勢に戻る所まで意識しましょう。

1.ペンホルダー

バックサイドに回り込めないときに多用される技術なので、ぜひ押さえておきたい所です。

コツとしてはワキを少し開き気味に、ヒジはラケットより高くなるようにバックスイングを取ることです。

ラケットの角度が甘くなると打球が安定しないので、ボールを押し出すまで気を抜かないようにしましょう。

2.シェークハンド

シェークハンドにとって主導権を握る上で無くてはならない技術、確実にマスターしましょう。

コツは上体を低くして目線を下げ、体をできるだけボールに近づけることです。

ラケットの角度に意識を払って、微妙な打ち分けで相手のペースを崩すことを心掛けます。

2.バックフリックの練習

どれだけ揺さぶられても打球が安定するようにフットワークを鍛える必要があります。

卓球台が使えるときは様々な場面を想定してバックフリックが打てる練習をしましょう。

バックフリック上達のための練習メニューを、ほんの一部ですが用意してみました。

1.切り返しの練習

バックフリックで返したらそのままフォアに切り替えて主導権を掴んでいく練習です。

お互いにバックサイドでクロスを打ち合っている状態から①バックサイドに来たボールをクロスにバックフリックで返球②相手がバックサイドに返した球をフォアハンドで返球、という練習メニューです。

バックサイドに来る打球に対してバックフリックと回り込みのフォアハンドを繰り返すことで回り込みの感覚を掴みましょう。

2.ランダム返球

より実践的に、相手の打球に素早く反応してバックフリックで返球できるようにします。

立ち位置はミドル、相手のバックサイドにフォアハンドで打球した所から相手は左右にランダムで返球します。

フォアサイドではフォアハンドストレート、バックサイドならクロスへのバックフリックで相手の手元に返球する練習も兼ねています。

相手の動きとラケットの角度に常に注意を払い、打球に先回りする判断力を身につけます。

この練習メニューはほんの一部、上達するためにはさまざまな場面を想定する必要があります。

卓球の試合でバックフリックを失敗するような場面があったならば、その場面を想定した練習メニューを組むなどして弱点を塞ぐようにしましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ