卓球の攻撃力を上げるシステム練習方法

今回は卓球の攻撃力があがり上達するためのシステム練習メニューを紹介します。

[brnum=”1″]

1.前後の動きと判断のスピードの強化

この練習方法は攻撃選手におすすめの練習メニューです。

卓球に必要な判断のスピードの強化を目的として行います。

オール前にサーブを出してもらう→ミドル前にストップレシーブをする→オールにストップかツッツキをしてもらう→ストップがきたらフリック、ツッツキがきたらドライブをする




まずオール前にサーブを出してもらい、自分はいつもの位置で構えて待っています。

サーブがどこにきても前に出て、全部ミドル前にストップをします。

ストップしたボールに対してさらにストップをしてもらうか、またはオールに長くツッツキをしてもらいます。

ストップがきた場合はさらに前に出てフリック、長くツッツキがきた場合はドライブをします。

ここで重要なのが1回1回基本の位置に戻ることです。

前にくるか長くくるかの判断と、どちらにきても全力で攻撃するという前後の動きと、判断・反応の速さが求められます。

卓球のボールはスピードだけでなく回転も加わってきますので、上達を目指すのならできるだけ1つの練習で2つ以上の技術の上達を目的として行いましょう。

2.チキータからのシステム練習

下回転サーブをバック前に出してもらいます。

それをチキータで返球します。

相手のバック側に2本連続で攻撃し、3本目はフォアへドライブします。

コースを狙うのが難しい人は、多球練習からはじめるようにしましょう。

次にチキータからの戻りを意識します。

戻りばかりに集中しすぎるあまりチキータが適当になってしまいがちですが、チキータをしっかりやったうえで1番自分が打ちやすい位置で打てる場所まで動くようにしましょう。

戻りが遅い人は多球練習で、ボールとボールの間隔を狭めて出してもらうようにしましょう。

バック前からの展開を紹介しましたが、フォア前でもチキータの場合は、バックよりも可動域が広くなり、さらに速い戻りが要求されます。

フォア前を目標として、まずはバック前から戻れるよう練習しましょう。

チキータのあとのバックハンドはできるだけ強く打つことにより、卓球の攻撃力があがるシステム練習メニューが効果的に行えます。

甘いボールを出して、相手に強打をされないようにしてください。

自分が送った甘いボールに対して相手はがら空きのコースを狙ってきます。

このチキータの後のバックハンドは、次の攻撃へとつなげるチャンスボールです。

甘いボールを容易に送って相手にスキを狙われないように、普段のこういった卓球の攻撃力をあげるシステム練習メニューから基本を意識して、今以上の上達を目指しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ