卓球上達のための普段の練習から意識すべきこと

卓球が上達したい。でもどんな意識を持って、どんな練習をすればいいのかわからない。練習すればするだけ強くはなれますよね。

だけど時間は限られています。

そこで重要なのが、この「卓球上達のための普段の練習から意識すべきこと」です。

1.毎日の練習ではっきりとした目標を持つ

毎日の練習時間は限られていますよね。

その短い練習をただ「試合で勝ちたいから練習する!」という気持ちだけでは、上達は難しいでしょう。




ただ単純に苦手分野だけを練習するのではなく、毎日練習前にその日の目標をたてることにより、練習に対する意識は全然違ってくると思います。

また、自分でたてた目標を達成すると明日はまた別の目標、明後日は更に上の目標をたてることができ、意識の向上だけではなく技術の向上にも繋がります。

3.自分にご褒美を与える

そうは言ってもやっぱり試合に勝つために練習しているのだから、勝てないと意味がないですよね。

さて、私が実践しているのは前述したように毎日小さな目標をたて、最終的には「次の大会で優勝する」という大きな目標をたてます。

そしてその目標が達成できたときには、自分で自分にご褒美をあげます。

好きなお菓子、欲しかった本、新しい服…

何でもいいんです。

こつこつ頑張ってきた自分にご褒美をあげましょう。

3.部内(クラブ内)でライバルを見つける

誰でも「あの人には負けたくない」という気持ちは持っているのではないでしょうか。

高校生の頃、他の学校に絶対負けたくないライバルがいました。

私はなかなか勝てず色々な練習をしましたし、その人との対戦ビデオを観たり練習時間を何時間も増やしたりたくさん努力しました。

でもやっぱり勝てなくて…

私には同じ高校に一つ上の姉がいて、やはり姉にも勝てませんでした。

そんな時思ったのが、ここで一番にならないと勝てないのではないかと。

そこからはまず姉に勝つことだけを目標に練習に励み、結果ライバルにも勝つことが出来ました。

練習中の意識の違いでここまで結果に出るものかと衝撃を受けたことを今でも覚えています。

4.練習の為の練習はしない

やっぱりここも勘違いされるところだと思うのですが、例えば3球目攻撃が苦手だからコースを決めて3球目攻撃というのは実は練習のための練習なんです。

実際の試合では同じコースに何本もくるなんてことはありませんからね。

3球目攻撃が苦手という方の多くは、自分から攻めることが苦手なパターンが多いようです。

このように卓球という競技に限りませんが、練習中の意識をちょっと変えるだけで上達への近道へとなります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ