家でできる卓球のフットワークが上達する練習メニュー

卓球をやるにあたってフットワークは必然ですし、これに関しては家で一人でも練習できます。

というより球は必要ないので、家で練習した方がいいでしょう。

卓球をやるにあたって足の動きは基礎中の基礎ですからね。

そこで、卓球の家でできるフットワークが上達する練習メニューをご紹介します。

1.足元を見ながらゆっくり

卓球初心者の方はいきなり周囲を真似てみてもうまくはいきません。

小学校の頃一度は「反復横飛び」をやりましたよね。

卓球のフットワークとは要は「反復横飛びの線を一本減らした」ものです。




自分の足の動きを見ながらゆっくり1、2、1、2、1、2…という風に声に出して数えながら確実に、一回一回足を止めながら動いていきます。

最初の段階ではゆっくりでいいので確実に、自分の足の動きを見ながら身に付くまで行いましょう。

2.鏡を見ながら

卓球というのは他のスポーツとは違って、あまり激しくは動きません。

その分正確さが求められますし、少しのブレが命取りになります。

私が指導しているチームの子供たちも、上半身と下半身がバラバラになってしまいがちです。

それは基本である足が上半身の動きについていけていないからです。

それを解決しなければと思い、思いついたのが全身鏡やガラス窓を見ながらのフットワーク練習です。

いくら足が大切だといっても、足だけできたところで卓球は上達しません。

全身を見てラケットを振りながら、エア卓球をすることによって、家にいながら簡単にフットワーク練習ができちゃいます。

あとは親やコーチ、仲間に、卓球しているところやフットワークだけの動画を撮ってもらい、それを家で見ながらフットワーク練習するのもいいと思います。

3.反復横飛び

実は卓球をやっている人は反復横飛びが得意です。

歩幅、スピード、正確さ、どれをとっても他の競技には負けていません。

それは普段の練習でフットワークをやっているからなのです。

だから逆にフットワークを上達させたいと思ったら反復横飛びを練習し、得意分野にすればいいのです。

反復横飛びなら家でもできますし、毎日20秒でも30秒でも練習すればそれだけで随分変わりますよ。

私自身、練習でのフットワーク練習は嫌いでした。

ですが家ではタイムを測り記録し、毎日の変化が数字としてでてくるので楽しかったです。

実際それで、フットワークも軽くなりましたし、目に見えて足の動きも早くなりました。

俊敏性や瞬発力を必要とする競技ですから、学校やクラブでのトレーニングで反復横飛びを取り入れているところも多いみたいですね。

フットワークを苦手としている方は、是非試してみてくださいね。

卓球は大きい動きが少ない分、細かい動きが求められます。

上級者の方は今の練習の他に、体幹トレーニングで体の軸がぶれないように鍛えましょう。

今回紹介した練習をする上での注意点は、足の動きとボールを打つタイミングがバラバラにならないようにすること、上半身と下半身が別の方向をむかないようにすることの2点です。

家でできるフットワーク練習をやり込み、今よりもっと卓球が上達するように頑張りましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ