卓球のダブルスで有効な戦術を集めました!

卓球のダブルスにはシングルスにはない特徴があるため、特別な戦術が必要になります。

そして戦術だけでなく練習メニューを作ることでペアの熟練度が上達する必要があります。

そこで「卓球のダブルスで有効な戦術を集めました!」

1.ダブルスの基礎

ダブルスの最大の特徴は「ペアは必ず交互に打つ必要がある」ことで、前衛後衛といった役割は存在しません。

そのためただ打ち返すのでなく「次にパートナーが打ち返しやすい」打球を心掛けなくてはなりません。




では実際にどのような所に気を配ればいいのか、練習メニューでも意識することで上達が早まります。

1.避けるのは「小さく素早く」

自分が打球した後、パートナーが打ちやすいよう早く抜ける必要がありますがそればかり意識すると打球をミスしやすくなります。

また大きく避ければパートナーは打ちやすくなりますが、次に自分が打つのが遅れてしまいます。

なので打球後は「パートナーの邪魔にならない最小限の範囲」で小さく、素早く避けることを考えましょう。

2.お互いの得手不得手を知る

ダブルスの戦術を考える前に、卓球においてお互いの得意・苦手を知っておく必要があります。

例えば自分の打球が返球されたとき、パートナーの得意なボールであればそれだけ得点に繋がりやすくなります。

逆に自分の打球が原因でパートナーの苦手なボールが返ってきたら失点しやすくなります。

この辺りは実際に試合形式の練習メニューをこなし、弱点が見つかる中で上達していきます。

1.ダブルスのフットワーク

「打つ→避ける→戻る」という動きが重要な卓球のダブルスでは、なるべくこの動きをパターン化する必要があります。

オーソドックスなパターンとして「パートナーの後ろに回り込む」というものです。

例えばバックサイドからクロスに打球したら素早く右後方に下がる→パートナーが左から前に入ったら素早く左後ろに入る、というものです。

1.右回りと左回り

例えばお互い右利きの場合、バックサイドからクロスに打球するとパートナーは状況によってフォアハンドかバックハンドの使い分けを迫られます。

このとき自分が右後ろ(右回り)に避ければバックサイドが、左後ろ(左回り)ならばパートナーはフォアサイドへの対応が取りやすくなります。

自分の打球がどちらに返ってくると予想してどちらの動きも出来るように練習しましょう。

3.相手ペアの苦手なコースを突く

ダブルスで勝つためには相手ペアのミスを誘う戦術が有効になります。

ダブルスでミスする原因はパートナーが邪魔で上手く打てない、というのが大きいです。

中でも同じコースに連続して打球するのは狭い間隔で返球しなければいけなくなるため有効です。

もちろん相手もそれを狙ってきますので素早く回ることを心掛けなくてはいけません。

役割分担ができない以上パートナーの動きも頭に入れた戦術が必要なのがダブルスですが、そこにシングルスには無い卓球の面白さがあります。

練習メニューの中で自分たちの得意なパターンを見つけるのが上達の秘訣です。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ