卓球の初心者向けラケットの選び方

卓球の初心者にとってのラケット選び方については、今後のプレーの動向を決めるうえで非常に重要なものになってきます。

時間のない一般人にとっては、いろんなラケットを試すわけにはいかず、最初に選んだラケットによって今後が左右されるといっても過言ではないでしょう。

よって、まずラケットを購入する前には自分の今後のプレーをどのようにしていくか、どのような戦型にしていくかを検討する必要があります。




まず戦型については大きく分けると裏ソフトラバーを使用するオールラウンドプレーヤー、表ソフトラバー、粒高ラバーを使用する異質攻撃または防御型、守備のカットで主にプレーするカットマン等に分けられます。

なので、プレー内容によってよく弾むラケットにするか、衝撃を吸収して飛ばないラケットにするか、安定性を求めるなら中間のラケットにするかなど選び方を考える必要があるのです。

また、ラケットの種類においては、大きくペンホルダー、シェイクハンド、中国式ペン等があります。

使用の動向については過去の日本においてはペンホルダーが多かったですが、現状はシェイクハンドがほとんどになっており、世界ランカーもシェイクハンドばかりであることが現状です。

ペンホルダーの特徴としては、ラケットの握り方がペンのように握ることから一般的にペンと呼ばれており、主にフォアハンドのドライブを使って動き回るプレーを得意とします。

片面のみにラバーを貼ることが多く、独特な手先を利用したプレーが可能ですが、フォアハンドを主体としてスタンスをとるためにバック側が弱い傾向があり、振り回される可能性がある戦型になります。

よって一撃で決めるドライブをもっていないと試合で勝つことが難しいです。

シェイクハンドの特徴としては、両面にラバーを貼ってあらゆる戦型、プレーが可能なラケットになります。握り方は握手をするような持ち方で一般的にシェイクと呼ばれています。

弱点としては自分の体のフォア側にスイングスペースがないので、どうしてもそこに厳しく返球されると返すだけになりがちです。

ペンと異なるのはバックにボールがきてもバックのラバーで対応できるので振り回される傾向が少ないことも近年好まれる理由の一つかもしれません。

中国式のペンは外観としてはシェイクハンドラケットの柄部分を短くしたラケットになります。

ペンの弱点であるバックを克服するためにバックにラバーを貼ることを想定したラケットです。

弱点はないですが、プレーにおいてどう処理していくか迷うときがあるので、プレー分別の練習が必要になります。

以上がまずラケットを選ぶ際に知っておくべきことがらです。

どのラケットを選ぶにしろ、しっかりと自分がどのようなプレーをしたいかをイメージできれば選び方が見えてきます。

また、まず卓球ショップで近く店員さんに相談するのも有効でしょう。たいてい卓球に詳しい人が多いです。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ