卓球のラケットの手入れのやり方

ラケットは卓球では相棒ともいえる存在、普段からお手入れは欠かせません。

乱雑に扱えばあっという間に損耗し、機能も低下するので技術の上達具合にも影響します。

「卓球のラケットの手入れのやり方」でいつもベストコンディションを目指しましょう。

1.ラケットの保管

手入れも大事ですが、どうやって保管するかもラケットの状態を大きく左右します。

卓球のショップに行くとラケットケースが売られていますが、使い終わったら必ずここにしまいましょう。




これをしないとラバーがすぐに劣化してしまい、回転が上手くかからなかったり弾みにくくなったりとプレイにも影響が出ます。

なので卓球の練習が終わったらしっかり手入れをすることでラケットの状態を保ち、良いラケットを使うことは上達への近道になります。

2.ラケットの手入れ

ラケットケースにしまう前にラケット面の汚れやホコリをふき取り、保護シートを被せます。

しかしラバーによって手入れの方法が微妙に変わってくるので注意が必要です。

ラケットの手入れ一つにも気を使えてこそ卓球の上達もあります、しっかり押さえましょう。

1.裏ソフトラバー

「泡タイプ」のラバークリーナーを少々、ラバーに吹き掛けます。

その泡を伸ばすようにスポンジで広げながら表面の汚れを拭き取ります。

拭き取る力を込めると表面を傷つけてしまうので優しく拭いましょう。

2.表ソフトラバー・ツブ高

「霧吹きタイプ」のラバークリーナーを汚れた部分に吹き掛けます。

刷毛ブラシなどでツブの間のホコリを取ります。

強くこするとツブを痛めたり欠ける原因になるのでくれぐれも優しくです。

3.手入れの注意点

手入れが終わったら早くしまいたい気持ちは分かりますが、ラバークリーナーが乾燥するまで待ちましょう。

まだ湿っている状態やタオルなどで拭き取ると水分で劣化が早くなります。

次に、ラバークリーナーは大量につければ良いわけではありません。

1度につける量が多かったり、頻繁につけるとそれだけ劣化も早くなるので気をつけましょう。

1日1回、卓球の練習が終わったら最後の手入れに使うくらいで丁度よいでしょう。

最後に、ホコリや汚れを拭き取るスポンジやブラシにも気を使いましょう。

手入れの方法は気を使っていても汚れを拭き取る道具がボロボロではキレイになりにくい上にラバーを傷つけやすくなります。

卓球に限らず多くのスポーツは上手な人ほど道具の手入れを怠りません、ラケットの手入れも上達のために必要なことです。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ