卓球のスマッシュを空振りしがちな人が見直すべきポイント

卓球はチャンスボールが来たときに力が入ってしまい、空振りをすることはたびたびありますね。

また、卓球のボールはバウンドしてから回転が変わったりしますし、高すぎるボールを打とうとしたり、打点が定まらない時なども空振りの原因になります。

1.スマッシュを打つ時の注意点

空振りをしないためには、まずリラックスすることが大事です。あまり高くない球はそんなに空振りすることはないと思います。どちらかというとバウンドの高い球は空振りしやすいのではないでしょうか。




力が入りすぎて一撃で決めようとしたり、ボールまで体が移動していなかったり、打球点とラケットがうまく合っていなかったりいろいろな原因が考えられます。空振りしなくなる上達練習メニューを試してみて下さい。

1.力を抜く

一番多い原因はこれですね。卓球はどの技術にしても力の入りすぎはよくありません。分かっていてもチャンスボールが来ると力が入って、思いっきり打ってやろうと、思いっきりスイングします。

力が入ると大振りになり、バックスイングも大きくなりがちです。いつものスマッシュよりもラケットと打点が合わなくて、空振りしてしまいます。

2.ボールをよく見る

ボールをよく見て、高さや回転を見極めましょう。バウンドしてから回転が変わったり、手元で伸びてきて間に合わなかったり球をよく見ないと空振りすることもあります。

インパクトの瞬間までボールをよく見ましょう。これは、ほんとによく見かけるパターンですが、力が入りすぎて、先に体が倒れ込んでしまって空振りするパターンです。

ボールをよく見ていないと勘で打とうとして体が正面を向いたままラケットを振ります。

体が正面を向いていても踏み込めるスペースがあると良いのですが、気持が焦っている時はそのスペースを取る余裕はありません。

力みすぎて体が先に行ってしまって台の上に体が倒れ込むような姿勢になって空振りしてしまいます。

ボールをよく見るようになると、インパクトのタイミングも正確に捉えられるようになります。

空振りもしなくなりますが、スマッシュ事態が安定して入るようになります。

3.足を動かす

ボールの位置まで速やかに移動して体勢を作らなければいけません。そのためにはフットワークも必要ですし、蹴る力も大切になります。

卓球のスマッシュを打つ時は体重移動が不可欠で、体重移動がなければ力強いスマッシュも打つことができません。

きちんとボールまで足が届いて、右から左への体重移動を意識しながら打つ体勢に入ると落ち着いてボールを見て打てます。

落ち着いて打てるようになると、肩も入り腰も回るようになるので、姿勢も低くなります。

姿勢が低くなるとタイミングの良い打球点も見えてくるので空振りすることなく正確にスマッシュを入れる事が出来ます。

2.スマッシュ練習

練習メニューに多球練習を取り入れましょう。

ゆっくりボールを出してもらって正確に入れるように上達したら、ボールの位置まで足を動かし、打球点を捉えて体重移動させながらスマッシュを打つ練習をしましょう。

力を入れなくてもスマッシュは入るので感覚を覚える事が上達にもつながります。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ