ロビングをスマッシュで打ち返す方法|卓球は上達する練習メニュー

高く上がってくるボールは一発で決まる事は少なく何回も返される事があります。

上から叩き付けるように打ちますが簡単そうに見えて意外とミスが多いのがロビング打ちと言われているロビングスマッシュです。

卓球のロビングスマッシュが上達する練習メニューを上げてみたので参考にしてみて下さい。

1.ロビング打ち

卓球にはロビングという技術がありますが、ロビングは相手コートに叩き付けるように打たなければいけないので、高いところからラケットを持ってくることがなかなか難しい技術ですね。




バレーボールのスパイクを打つようにフリーハンドをボールまで持って行き、打点を捉えてラケットで打つイメージになります。

1.相手コートに叩き付ける

ロビング打ちは相手コートに叩き付ける事が重要になります。野球のオーバースローをイメージしてみるとわかると思いますが、バックスイングを取って頭の上から腕を振り下ろしてボールを投げます。

同じように体の横にラケットを振るのではなく、上から叩き付けるようにラケットを振り下ろします。

右足に体重を乗せ、フリーハンドを高くして振り下ろす勢いで体全体を使って打ち込みましょう。

また、オーバーミスが多いのがロビング打ちですが、ネットの上、白線あたりを狙って打つと入りやすいと思います。

2.練習メニュー

練習メニューとしては、相手に一球一球ロビングを上げてもらいスマッシュを打つ練習。地味ですが、これで上達します。

はじめはあまり高くないボールを上げてもらって練習しましょう。腕を振り下ろす事が出来るようになったら、もう少し高いロビングをあげてもらいます。

ロビングの難しいところは、叩き付ける腕の振り方だと思います。これが出来るようになったら、フリーハンドも使い慌てずにスマッシュしましょう。

まずは入れることから始めて、フォームを作ります。確実に入れられるようになったらスマッシュを打ちましょう。

ロビング打ちを上達させるには、フォームと打球点の捉え方を覚える事が重要です。

3.打球点の位置

卓球はどのようなボールを打つにしても打球点がとても重要です。ロビングは高いボールですので、打球点を捉えるのが難しく、打ちやすい高さにボールが落ちてくるのを待ちましょう。

ボールとの距離感も大事です。ボールの落下地点を予測して、位置に合わせてしっかりと動き、いちばんいいポジションで打つことが大事です。

高い打点で打つことが難しければ、いつものスマッシュを打つ打点まで落として打つと良いと思います。

フォームが出来てきて入るようになったら、連続してボールを上げてもらいます。

卓球は打った後の戻りも大切になりますが、ロビングはゆっくりとしたボールになるので、ボールの速さに合わせて戻ろうとすると、次のボールのタイミングに遅れてしまいます。

ボールはゆっくりでも、動きは速くすることを意識して練習しましょう。

2.連続して

ロビング打ちは一発で決めるスマッシュではないので、無理に強打を狙い体勢を崩さないようにします。

焦って早く打とうとすると体が先に倒れてしまったり、ラケットの角に当てたり、空振りしたりと安定しません。

手打ちでは強いスマッシュにはならないので、体全体を使って打つように意識してやることが上達に繋がります。連続で確実に入れる事でチャンスボールを待ちましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ