卓球のロビングとそれに対するスマッシュの方法

ロビングという言葉を聞いたことがありますか?

今回は卓球のロビングとそれに対するロビングの打ち方、練習方法をご紹介します。

1.ロビングとは

ロビングという言葉はあまり聞き慣れないかもしれません。

このロビングとは、打たれたボールに対して相手のコートに高くボールを上げて返す技術のことを言います。

前でブロックするのに対してロビングは卓球台から下がり、スマッシュされたボールを高めに上げて返します。

そのあと何度もスマッシュされますが、一度上げたらロビングを続けるしかなくなります。




ブロックでは早く反応しなければいけないのでミスが増えますが、ロビングは卓球台から下がっている分スマッシュされても返しやすいといった利点があります。

男子の選手に多い打ち方ですが、最近では女子の選手でも使う人が増えています。

2.スマッシュ

スマッシュはいつもの打点とは大きく違います。

基本のスマッシュはボールの頂点で打ちますが、ロビングに対するスマッシュはボールが高い分頂点より落ちてきたところで打ちます。

出来るだけ1番低い位置で打つ練習をしていきましょう。

スマッシュの際は肘をあげず、肘支点にして打ちます。ロビングは高いボールなので上から下に叩き付けるように打ってください。

ロビングをあげられたときのスマッシュはネットミスよりもオーバーミスが多くなります。

ラケットの角度は寝せ気味にして打ちましょう。

角度とタイミングを合わせるとミスが減るので、練習の中で丁度いい打ち方を見つけてください。

3.ロビング

次にロビングの上げ方です。

前述した通り卓球のロビングは、スマッシュされたボールに対して高く返して相手のコートに入れる技です。

これが上達するとロビングが出来ない選手に比べ、かなり試合では有利になります。

打ち方は単純で、スマッシュされたボールを、ラケットを上向きにしてあげて返球します。

ロビング打ちが出来ない選手は意外といるので、上達目指して練習してみるといいかもしれませんね。

4.練習方法

スマッシュ対ロビングの練習方法です。

まずスマッシュの練習方法ですが、最初は多球練習で行いましょう。

高いボールを台からさがった状態であげてもらうと、より本番のボールに近い形での練習ができるかと思います。

最初はミスが多く目立つかと思いますが、徐々に慣れてきたら実際にロビングをあげてもらいボールを打ってみましょう。

ボールを打つときは身体がぶれないよう、肘があがらないよう注意してください。

普通のスマッシュボールよりも打ちにくいボールが来ます。

いつもの角度や打球点とは違うので、何度も練習をして上達できるように頑張りましょう。

次にロビングの練習ですが、多球練習よりもいきなり一球練習でいいかと思います。

多球と一球ではボールがまったく違うので、ラリーでの練習をおすすめします。

スマッシュ練習にしてもロビング練習にしても練習相手には卓球の上手い人を選んでください。

あまり上手でないとやりづらくなってしまいます。

スマッシュ練習は多球でもできますがロビング練習の場合は特に、上手な人に相手をしてもらった方が上達しやすくなるかと思います。

たくさん練習して、試合でもぜひ使ってみてください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ