投げ上げサーブのやり方とコツ|卓球が上達する練習メニュー

卓球の一流選手も良く使っているのが投げ上げサーブですね。

卓球のサーブのトスが高いので相手はタイミングが取りにくく、また、ボールが落ちてくる勢いも使うので回転量も多いサーブです。

上達するための練習メニューを紹介します。

1.投げ上げサーブのやり方

卓球の投げ上げサーブとはトスを高く上げて出すサーブですが、トスをまっすぐきれいにあげるのもポイントになります。




手だけでボールを上げるとまっすぐ上がらずずれてしまうこともあるので、膝の屈伸を使ってまっすぐあげることから練習をするといいと思います。

卓球の普通のサーブよりも上からボールが落ちてくるので落下スピードがつきます。

落ちてくるときのエネルギーが回転とスピードに変わってより回転がかかった、またはスピードの出るサーブになります。

バックスイングも大きくとれるので回転も量もアップします。

1.打つ前に一度素振り

投げ上げサーブの練習方法として、ボールが落ちてくるまでの滞空時間内で、一度ラケットを振っている人もいます。

サーブの素振りをしてから打つような感じですが、一度ラケットを振ってから打つことによってラケットの反動でよく切れるようになるので切る感覚を覚えることが出来ます。

2.下回転

落ちてくる勢いを利用するので、とても切れます。ボールが落ちてきたらボールの下を擦って入れるサーブですが、高いところで打ってしまうと、バウンドが高くなるので落ちてくるまで待ってから、ラケットにあてるといいと思います。

落ちてくるのを待つのが意外に難しいので、玉突き練習なども取り入れてみると上達に繋がって良いと思います。

ハイトスの下回転サーブを出す前に、普通の下回転サーブが出来ないといけないので、まず普通の下回転サーブが出来るように練習しましょう。

3.横回転

投げ上げサーブの横回転はスピードも出て回転量も増えます。ボールが落ちてきたところの横を擦って入れます。

ボールを上げているときにモーションをつけて、落ちてきたところの横を擦って回転をかけましょう。

球が落ちてくる勢いもあるので、まともに当てて飛ばさないように注意しましょう。

2.まともに当てない練習

全体的に言えるのが、上から落ちてくるエネルギーを利用するので、スピードと回転量は増しますが、まともに当てってしまうと勢いがつきすぎてオーバーミスにつながるということです。

また、天井の照明が目に入ると一瞬球を見失う事があるかもしれないということです。

練習メニューにはまっすぐボールを投げ上げる練習も入っていると思いますが、落ちてくるまで待つ、玉突き練習も取り入れてみるとサーブの上達につながると思います。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ