サーブのスイングスピードを速くする方法|卓球が上達する練習メニュー

卓球のサーブのスイングスピードが速いとサーブに回転もかかり、相手にもインパクトの瞬間がわかりにくく回転を読まれにくくなります。

スイングスピードを速くすると回転量も増すので切れるサーブが出せるようになります。

1.スイングを早くするためには

スイングスピードを速くするための練習メニューですが、まずバックスイングを肩から大きく取り、力を抜いて後ろから前に腕を振ります。

肘を体にくっつけていたら腕だけの動作になってしまうので注意しましょう。肘から先も遠心力を使って振り抜きます。インパクトの瞬間は手首も使います。




まずはゆっくりでいいので、基本のスイングを覚える事が上達に繋がります。手だけでスイングをしようとすると、体はたったままの状態になりがちです。

卓球のサーブのスイングも体をうまく使わないと早いスイングにはならないですね。

1.打球する前に

スイングがどうなっているのか鏡の前で確認することも大事です。台で練習する前に素振りからやってみると良いと思います。

球を使ってスイングを早くする練習をやろうと思うと、力が入ってしましますし、サーブを入れようとして、スイングを早くすることだけに集中出来なくなります。

まずは基本のフォームから作りましょう。

2.反動

バックスイングを取ると言いましたが、初心者の方に多くみられるのが、ボールをトスしてからバックスイングを取らずにボールのすぐ近くからあてに行くサーブです。

当然、回転はかからず、ポンポンとバウンドも高いサーブになります。

卓球はサーブでも回転をかけるにはある程度のバックスイングが必要になり、その反動を生かしてラケットを振り切ってサーブを出すと回転のかかったサーブを出す事が出来ます。

3.バックサーブのスイングスピードを速くする

バックハンドサーブのスイングスピードを速くするには、バックスイングを大きく後ろにとって体重移動と、体を捻る反動を使って腕を振り切ります。

手だけで振ろうとするとスイングスピードは速くできないので体全体を使って、最後に腕と手首を使うイメージでサーブを出してみましょう。

4.フォアハンドサーブのスイングスピードを速くする

フォアハンドサーブもバックスイングが全くない状態だとスイングスピードは遅いサーブになります。

腕から大きくバックスイングを取り、肘を中心にしならせて遠心力を使って振り下ろします。

最後に手首もバックスイングを取り回転を速くします。

腕の力だけではスイングスピードは速くならないので、腰の回転や下半身も使い、力を抜いてラケットを振りましょう。

2.スイングスピードを早くするコツを掴んだら

バックスイングを大きく取ってスイングを早くする事が出来る様になったら、コンパクトに振ってみましょう。

腕の遠心力と腰、下半身の連動が出来ればコンパクトなスイングでもスピードは出せると思います。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ