卓球のサーブの回転がかからない原因は?

卓球の上達を目指すならサーブの回転がかからないのは致命的ですよね。

そんな、卓球のサーブの回転が全然かからない…と悩んでいる人への上達方法をお教えします。

1.回転がかからない原因

サーブの回転がかからないという人の特徴として力が入っている、単にラケットに当てている、手打ちになっている、などの原因があげられます。

他にもいくつか原因となるものはありますが、回転がかかりにくいのには必ず何か理由があります。

自分の打ち方だけでなくラケットやラバーに問題がある場合もあります。




テンション系のラバーを使っていると弾みが優先され、回転がかかりにくい場合があります。

もちろんテンション系のラバーを使っていても回転のかかったサーブを出すことも可能ですが、カットマンが使っているような回転のかかりやすいラバーを使うことで、よりサーブの回転がかかりやすくなります。

2.ラケットのあてる位置

単にラケットに当てているだけという人はナックルサーブしか出せません。

サーブを出すときはラケットに当てるのではなくラケットの上でボールを転がすように、上回転なら上に、下回転なら下にこするイメージを持ちましょう。

例えば下回転を出すときに、ラケットの上の部分にあてると下から転がしたときよりも回転量が少なくなります。

ボールがラケットにあたっている時間が長い方が回転がかかりやくなります。

また、あまりおすすめできませんが手首を使うサーブのやり方もあります。

手首を少しクイっと使い回転をかける方法です。

おすすめできない理由として手首を使うことにより、サーブの回転がかからないという悩みは減り上達が見込めるでしょうが、卓球をやっている人特有の手首の痛みが出る可能性があります。

100%手首の力だけでサーブを出すのではなく、少しだけ使いあくまでも補助と捉えサーブを出すようにしましょう。

3.スイングスピード

ラケットの振る速さをスイングスピードといいます。

卓球の上達には、サーブの回転がかからない人にとってもラリー中でもこのスイングスピードが必要不可欠です。

スイングスピードを速くすることでラリー中のボールも速くなり、サーブも回転量が増えます。

さらに回転量をかけたいという方は、トスの高さを変化してみるのもいいでしょう。

トスの高さを高くすることで、ボールの落ちてくる速さを利用することができ、回転もその分増えるのです。

そして最後に、サーブを出したあとの3球目に備え、サーブを出したあとはすぐに身体をもとの位置に戻すようにしましょう。

あまりサーブのスイング(ふり幅)を大きくすると戻るのが大変になり3球目が遅れてしまうので、スイングは大きくならないように注意しましょう。

以上、私がおすすめの卓球のサーブの回転がかからないという方におすすめしたい上達方法です。

卓球が大好きで上達したいと思っているあなた、自分はなぜサーブの回転がかからないのかを分析し、原因となるものを取り除いて、今以上の上達を目指して練習していきましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ