卓球上達のために知っておきたいナックルツッツキの出し方

卓球を始めてすぐの人はナックルツッツキの練習から入り、徐々に上達していくにつれ他のツッツキも覚えていきます。

そもそもツッツキとは何なのか、どのように打つのか、基本的なことも含めナックルツッツキを上達させるための卓球の練習方法をご紹介していきます。

1.ナックルツッツキ

卓球のツッツキには大きくわけて下回転とナックルの2種類があり、下回転は練習を重ねて上達するにつれだんだん回転がかかるようになります。




それに対しナックルの場合、初心者はまず簡単なナックルツッツキから始めるため比較的誰にでも出しやすいツッツキだと言われています。

ナックルはその名の通り回転のない状態、非常に少ない状態を言います。

下回転と違い回転がかかっていないため打たれやすいのですが、下回転のツッツキの中で1本だけタイミングを見てナックルを混ぜることによって相手を惑わすことができます。

ナックルのツッツキはラケットにあて相手のコートに送り出すくらいの気持ちで力はほとんど必要ありません。

下回転はラケットの上でこするのに対しあてるだけのナックルツッツキは、これから上達したい卓球を始めたての初心者の方にもおすすめのツッツキです。

2.練習方法

これはどの打法にも言えますが、初心者の方はまずラリーをする前に多球練習から入るようにするのがおすすめです。

卓球をはじめたての初心者の方はナックルのツッツキに限らずラリーを続けるのが難しいので、1球練習よりも相手に球をどんどん出してもらう多球練習をすることにより、より早い上達を目指すことができます。

慣れてくるにつれ台の上に倒れやすい缶やペットボトル、潰れたボールなどを置き的当て方式の練習方法もおすすめです。

何か目印を置くと自分がどこを狙うのかわかりやすいですし、自分の苦手なコースも知ることができます。

さらにチーム内で競い合うとゲーム感覚で楽しむことができそうですね。

3.ラケット・ラバー選び

卓球の上達を目指す上で欠かせないのがラケット・ラバー選びであり、ナックルのツッツキを出したい人にとっても同じことが言えます。

特にラバーを回転量に密接に関係しており、裏は回転をかけやすく表や粒高は回転がかかりにくいといった特徴があります。

ナックルが出しづらく悩んでいる方はラバーを変えてみるといいかもしれません。

カットマンは特に回転で勝負していますから、個人的にはフォア裏バック粒にすると反転して逆回転をかけることもできるので有利に試合運びが出来そうです。

ナックルのツッツキは一見回転がかかっていない分相手に有利かと思われますが、うまく混ぜたりコースを変化させることによって自分の展開へと持っていきやすくなります。

卓球をやっているすべての人に言えることですが、うまくいかなくなった場合は用具を変えてみると、全然違った結果が出るかもしれませんので、いろんなラケット・ラバーを試して自分に合ったものを見つけてください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ