卓球上達のための粒高カットマンのツッツキ練習法

卓球を始めたけどどんな練習をしたらいいかわからないという方は多いと思います。

そこで粒高ラバーを使っているカットマンに見てほしい、卓球上達のためのツッツキ練習法や特徴などをご紹介していきます。

1.カットマンとは

まずカットマンとはどんな戦型なのかをご紹介します。

卓球の戦型には攻撃マンとカットマンがあり、攻撃マンは台のすぐ近くで攻撃をするのに対してカットマンは台から離れて守備をします。

カットマンが使うラケットはシェイクラケットで、ラバーは裏・表・粒高の3種類があります。




卓球では、カットマンは攻撃マンと違って主に守る戦型であるため上達には時間が必要と言われますが、その中でも粒高を使っている選手はツッツキがかなり重要になってきます。

それではカットマンの粒高のツッツキを上達させるための卓球の練習方法と打ち方、特徴を見ていきましょう。

2.粒高でのツッツキの特徴

粒高でのツッツキはナックルが多く、ラバーにもよりますが下回転をかけるのは難しいラバーです。

しかしナックルのため長短はつけやすいのが粒高の特徴です。

ナックルはほとんど回転がない状態のボールになりますので、相手にとってはオーバーしやすい球質になり、自分が思った以上の無回転のツッツキがきます。

卓球の場合用具によって回転量やスピードが変わってきますが、カットマンの粒高でのツッツキは上達するとその変化が大きくあらわれてきます。

2.粒高でのツッツキの打ち方

粒高のカットマンの場合ツッツキで回転をかけるのは難しいのですが、卓球の練習を重ね上達をすれば細かい回転の変化をつけることが可能になります。

粒高ラバーではラケットにあてるだけでナックルのツッツキが出ます。

短く前に落としたい場合はラケットに軽くあて、長く深いツッツキをしたい場合は少し強めに押すようにすると白いラインぎりぎりに落とすことができます。

3.練習方法

卓球が上達するために、粒高のカットマンがやるべきツッツキの練習方法はたくさんありますが、まずは前述した粒高の特性を理解することが重要です。

カットマンの場合ツッツキが主であるため、ツッツキから自分の展開に持っていくのが有利になります。

前での展開に持っていきたい場合は短いツッツキ(ストップ)をし、カットに持ち込みたい時には長く深いツッツキをして相手に打たせます。

ストップの際は力を入れず、逆に後陣でのカットに持ち込むときは強く押して相手に打たせます。

粒高のカットマンだからといって特別な卓球のツッツキ練習は必要ないので、いつも通りの練習をしていくうちに上達が見込めます。

さらなる上達を目指したい方はサイドスピン・逆サイドスピンを身に付けるとさらに試合では有利になるかと思います。

サイドスピンはラケットを右から左に横にスライドさせる動きです。

これは粒高ならではの打ち方で、うまくかけると横回転がかかります。

このサイドスピンは相手の回転を殺すことができるので、カットマンや粒高の選手は是非覚えてほしい技術です。

卓球というスポーツは上達すればするほど楽しくなる競技ですので、粒高のカットマンの方はツッツキ練習をたくさんして今以上の上達を目指しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ