卓球のフォアハンドが上達する練習方法

フォアドライブは卓球において使い所が多く、得点を狙いに行く打ち方です。

この打ち方がしっかり出来るようになると他の打ち方においても大いに役立ちます。

早く上達するための「卓球のフォアハンドが上達する方法」を見ていきましょう。

1.フォアドライブとは

ボールに強い前進回転をかけて弧を描くような軌道で相手コートに飛び込む打球です。

回転量が多くなると相手の返球が浮き上がり、チャンスボールを作れるようになります。




男子卓球ではフォアドライブの打ち合いになる場面は多いので連続で打てるようにしたい所です。

2.フォアドライブのイメージ

フォアドライブは卓球の試合全般で使い、得点につながることも多いので必ずマスターしましょう。

腰のひねりを意識しながら利き腕側の足に体重を乗せたバックスイングでボールを呼び込みます。

そこからボールに合わせて溜めていた力を一気に解き放つように思い切りスイングしましょう。

1.体全体を使う

バックスイングから振り抜くまで、全身を大きく使ってスイングするのがポイントです。

ラケットは腰より少し下、面はやや下向きにしたままフリーハンド側の肩をしっかり入れて腰をひねり、スタンスを広めにとってバックスイングします。

そこから一気に体を戻すように体の少し前でインパクトして、そのまま腕を振り抜きましょう。

2.スイングを大きく

相手コートに入るか不安げな、遠慮がちの小さいスイングはNGです。

バックスイングから一気に自分の左側(右利きの場合)に来るまでラケットを振り抜きましょう。

インパクトの瞬間、「行け!」という気持ちを込めながらラケットを強く握るとボールにパワーが伝わります。

3.こすり上げるように打つ

ドライブに最も重要なのは回転、強い回転をかけるほど大きく弧を描く攻撃的な打球になります。

ボールの上半分を狙って擦り上げるように打つことで打球が安定します。

3.打点を低く

ドライブは弧を描くので打点が高いとバウンドも高くなり、相手も対処しやすくなります。

卓球台スレスレか少し下辺りから思い切り回転をかけることでネットすれすれを飛び越えていく打球になります。

慣れない内は床にボールをバウンドさせて、腰の高さまで落ちてきたところでインパクトする練習を積むと上達も早いでしょう。

4.素早く戻る

どれだけ強烈なフォアドライブを打っても返球されるときは返球されます。

ドライブは本来、相手の返球を浮き上がらせて攻撃に繋げるための布石です。

思い切り振り抜いたけど反対側にリターンされて失点、なんて事態を防ぐためにも素早く基本姿勢に戻る所まで練習しましょう。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ