卓球のレシーブに対するフリック

卓球のレシーブでフリックが出来るのと出来ないのとでは大きく変わります。

そもそもフリックとは何なのか、フリックの打ち方と練習方法をそれぞれ見ていきましょう。

1.フリックとは

フリックとは台上でボールを打つことです。

基本的にはストップや短いレシーブに対して使う打ち方です。

レシーブでは、相手が短いサーブを出してきたらフリックの出来ない選手はツッツキで守るしかありません。

ですがフリックが出来る選手はどんなボールでも2球目から攻めていけるので、優位にたつことができます。




相手に打たれるよりも先に自分から打つことができるので、有利な試合展開になるでしょう。

フリックの際、ラケットの持ち方は通常とは異なります。

基本の持ち方ですとラケットのグリップの部分を握りますが、フリックではもっと上の部分、グリップとラバーの境目を握るようにして持ちます。

こうすることにより可動域が広くなり、良いフリックボールを打つことができます。

スイングは大きく振らずに小さくコンパクトに振ることを心がけます。

どんなにサーブの回転がかかっていても、角度を合わせるとあとは思い切って振るだけで入ります。

フリックの場合迷ってしまうと回転に負けてしまいますので、迷わず思い切って振っていきましょう。

打つ瞬間には手首と肘をうまく使います。

手首だけでフリックしないよう気をつけてください。

卓球のフリックでは、下サーブややナックルが打てると横回転がかかっていたとしても応用すればいいので、2球目攻撃に繋がりやすくなります。

レシーブが上達するとサーブからの展開だけでなくレシーブからの展開でも戦えるようになりますので、卓球のレシーブのフリックの上達とレシーブの全体的な上達を目標に頑張りましょう。

2.練習方法

次に、サーブに対する卓球のフリックの練習方法ですが、これはとてもシンプルな練習法になります。

まずは多球練習でフリックの感覚を掴む練習からはじめます。

いきなりレシーブ練習は厳しいので、最初は卓球台の前の方にストップを出してもらってからのフリック練習をします。

このときフリックの基本である思い切って振る、コンパクトに振ること意識してください。

手首と肘を使うことも忘れないようにします。

インパクトの瞬間に手首、そして肘をうまく使いましょう。

練習を重ねていくうちに感覚が掴め、意識しなくても慣れてくると思います。

次の段階として実際のレシーブに対するフリック練習です。

レシーブに対するフリックは相手が出すサーブの回転量にもよりますが、角度をつけて合わせて打ちます。

もちろん人によってサーブの回転量はまったく違います。

試合では相手に合わせたフリックが必要になってきますので、レシーブのフリック練習は出来るだけ多くの人とやることをおすすめします。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ