卓球のフリックでストレートに打つ方法

フリックでストレートに打つのは至難の業ですが、覚えてしまうと簡単に出すことが出来ます。

フリックが上達したいという方のために、フリックでストレートに打つときのコツと打ち方、練習方法についてご紹介していきましょう。

1.フリックのコツ・打ち方

卓球のフリックは台上処理や払いとも言われ、ラケットの角度をつくりストップボールや短いサーブに対し打つ方法です。

卓球においてフリックはレシーブから攻めていける唯一の打ち方になります。




ストレートのフリックは卓球台の中でも距離が短いため、最初はオーバーミスが多くなります。

クロスよりもストレートの方が距離が短いため、これは練習を重ねて慣らすしかありません。
距離感が掴めないと思うのですが慣れてしまえば意外と簡単に出来ますので、覚えてほしい技の一つです。

それではフリックの打ち方を見ていきましょう。

卓球ではラケットのグリップを握って打つのが基本です。

それに対してフリックはグリップの部分ではなくもっと上の、ラバーとグリップの境目の部分を持ちます。

いつもより上の部分を持つことにより可動域が広くなり、フリックがしやすくなります。

大きく振らずにコンパクトに振り、手首と肘をうまく使ってフリックしましょう。

特にストレートは卓球において難しいコースであるため、うまくフリックのコツが掴めていないとオーバーミスしてしまいます。

フリックに限らずオーバーミスの原因は距離感が掴めていないところにあります。

また、打つときは角度をつけ迷わず思いっきり振ってください。

迷ってしまうと回転に負けミスをしてしまいます。

ネットミスしてしまう原因は迷いがほとんどです。

回転量がわからないけどフリックするしかないというときは、思い切ってラケットを振っていきましょう。

2.練習方法

フリックの練習方法としては多球練習がおすすめです。

多球練習では何球でもミスを気にすることなく続けられますので、一球練習に比べると有意義に練習することが出来ます。

練習方法はいたって単純で、ひたすらボールを出してもらいストレートに狙う練習をします。

卓球のフリックは練習すればするだけ上達しますので、ストレートに狙う練習を毎日重ねてください。

距離が短い分最初はオーバーミスが目立ちますが、感覚を掴む意味でもこのミスは必要です。

練習していくうちに身体が覚え自然に腕が動くと思いますので、とにかくたくさん練習しましょう。

多球練習に慣れてきたらツッツキ対ツッツキでの練習をします。

ラリーの中で自分が打ちやすいボールを見つけ、手首と肘を使って角度をつけて打ちましょう。

多球練習では簡単にできても一球練習になると難しいのがストレートへのフリックです。

ですがラリーでやらないと意味がないので、普段の練習で慣れておくようにしてください。







卓球が驚くほど上達する練習教材

卓球が驚くほど上達する練習教材

✓一生懸命練習しているのになかなか試合で勝てない卓球選手
✓伸び悩んでいるお子さんをサポートしたい親御さん
✓卓球部の顧問になったが指導方法が分からない指導者
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい選手


そんなアナタにおすすめなのが、 「卓球が驚くほど上達する練習教材」です。

卓球が驚くほど上達する練習教材は、 世界選手権出場者などのプロ指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に卓球が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の卓球が上達する練習教材を紹介します。


  • 卓球がうまくなりたいすべての人に!遊澤亮が教える驚異の卓球上達法



    卓球上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは オリンピックに2度も出場した遊澤亮選手兼監督 が教える卓球上達の秘訣が詰まっています!

    「こんなに練習しているのに全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達するのは分からない。」といった人におすすめです!

    すでに 100人を超える人が上級者へとレベルアップ したプログラムなので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ